SWAGハンター活動報告書 in #reinvent22 #reinvent

「Are you SWAG hunter?」と聞かれたのが本エントリの始まりでした。
2022.12.05

こんにちは!AWS事業本部コンサルティング部のたかくに(@takakuni_)です。

本エントリは「SWAGハンター活動報告書」と題してre:Invent 2022で頂いたSWAGの振り返りを行う記事となります。

今回初めてのre:Inventでしたが、おかげさまで多くの企業様からSWAGを乱獲頂けたため、ご紹介しようと思います。

入場特典

入場特典として、今年はパーカーとウォーターボトルを手に入れました。

パーカーは黒と青を基調としたデザインでとてもカッコよかったです。また、パーカー1枚くらいが会場内はとても良い温度感だったため大活躍でした。

Expo

Ask the Expert

Expo会場でAWSのSAさんに質問することでSWAGをもらえるイベントが開かれていました。

Tシャツやボトルなど様々なSWAGを手に入れました。

CloudOps

物理セキュリティキーを手に入れたことが嬉しくて、検証ブログ書いてみようと思いました。

Analytics

Tシャツのデザインがカッコよく、つい着用している人に「どうやって手に入れたのか」話しかけて手に入れました!

英語力が試される良い機会でした!

Database

「データベースの検証にお金かかりがち...」

そんな問題を解決するかの如く、AWSクレジットをいただくけました!これでたくさんブログ書きます!

DevOps

新サービス「CodeCatalyst」のTシャツを最終日にいただきました!

CodeStarと何が違うの?と質問をしてSAさんにアツく語っていただいたのがとても印象的でした。

F5

アプリケーションセキュリティ製品を販売する企業様です。

雲(クラウド)をイメージさせるデザインでシンプルでとってもかっこいいなと思いました!

Snyk & StackHawk

ブース会場は別でしたが、コラボイベントのような開催の仕方だったためまとめています。

まず初めに、11/29に開催されたHappy Hourイベントに参加すると、Tシャツをいただきました。

カードをいただき、「このTシャツを着てExpo会場にいくといいSWAGもらえるよ」と書いてあったため翌日着用して会場に向かいました。

Snyk

Snykではパッチくんのぬいぐるみを手に入れることができました!

クレーンゲームで手にいれることもできるのですが、私はクレーンゲームが苦手なので大変助かりました。

StackHawk

StackHawkでは、Tシャツとレゴをいただきました。

Tシャツは会社のロゴで理解できるのですが、レゴに関してはどのような意味があるのか執筆時点ではわかっておりません。

MongoDB

MongoDBさんからはエコバックと靴下をいただきました。

SWAGとは関係ないですが、ブースがExpo会場の出口に近く、方向音痴な私を何度も助けていただきました。

Sysdig

オライリーの物理本Practical Cloud Native Security with Falco (English Edition)をいただきました。

ブースには著者のLoris Degioanniさん本人がたたれており、サインをいただきました!

Hashicorp

HashicorpさんからはTシャツとサングラスをいただきました。

サングラスはスロットの景品で当たり、今回着用したジャケットに似合いそうという意味でいただきました。

認定者ラウンジ

AWS認定者ラウンジは複数のSWAGが配布されていました。

AWS認定に応じてシールをいただけたのですが、「DevOps Professional」,「Solution Architect Professional」,「SysOps Administrator」,「Network Speciality」の4つが在庫切れで取得者の多さを実感しました。

Product Review

「現場の生の声って大事ですよね」

そんな声を集めるべく、ベネチアンでProduct Reviewゾーンが開催されていました。

サービスのレビューを行うと複数種類のSWAGから1ついただけました。私は次の日の服が欲しかったためトレーナーをいただきました。

AWS Modern Application and Open Source Zone

私が参加した11/29は「Fargateの5歳の誕生日会」をしていました。

Fargateのカップケーキが用意されるなど盛大に祝われていました。改めて、Fargate誕生日おめでとう!!!

出会えていないSWAGはまだまだある

今回ご紹介したもの以外にも、企業様のSWAGを配布されていました。規模が大きすぎてただただ圧巻でした...

来年も参加して、多くのSWAGをご紹介できるよう英語力とコミュ力を極めていこうと思います!

以上、AWS事業本部コンサルティング部のたかくに(@takakuni_)でした!