AWS で困った時は AWS ナレッジセンターを確認してみよう!

皆さん、AWS ナレッジセンターをご存知でしょうか? 私は AWS で困ったなと思った時は、まずここで検索をしています。この他にも AWS にはナレッジが集約されたページがいくつかあるのです・・・
2020.03.25

園部です。

AWS で実現・実施したい作業が上手くいかないことありますよね...?
そんな時、みなさんはどうされていますか?

  • 詳しいメンバーに聞く
  • 検索して、上位のものから見ていく(是非、弊社ブログをご活用ください!)
  • AWS の公式情報(ドキュメント等)を確認する ← 今日はこちらを。
  • AWS や パートナーに問い合わせをする

他にもありそうですが、こんなところでしょうか? 今日は3つ目について取り上げてみたいと思います。

AWS 公式情報って何があるの?

公式情報を確認するなんて基本中の基本でしょ? と思われた方もいるかと思います。確かにその通りです。 AWS 公式情報であれば一次ソースですし、正しい内容が記載されています。

ただ、参考となる情報には種類も量も色々とあります。。

ドキュメントとホワイトペーパーを見れば大体のことは把握できるかもしれませんが、それでも適切な内容にたどり着くのが困難で、苦い想いをすることもなくはないです。そもそもやりたいことが出来ずに半泣きになっている中で長時間探すのこれまた辛く心が折れそうになります。

大抵の困り事って、自分だけではなく先人がいるのが世の常です。検索すると様々なソース(ブログなど)が見つかります。ただ正確・詳細な内容もあれば、作業メモ程度のこともあります。順に試すのもありですが、そういったことはなるべく時間をかけず解消したいところです。そこで今日紹介したいのが AWS ナレッジセンター です。

ナレッジセンターとは?

ナレッジセンターでは、AWS のお客様から最も頻繁に寄せられるご質問とご要望をいくつかご紹介しています。 お探しの情報が見つからない場合は、AWS ドキュメントをご確認いただくか、AWS フォーラム、または AWS サポートセンターにアクセスしてください。

(引用元: ナレッジセンター

まさに先人がいて、各サービスでの多い質問や要望があった内容がナレッジとして掲載されています。全サービスではないですが主要なサービスはありますし、不定期に更新されているようです。

実際に見てみましょう

知りたいサービスをサービス群から選択します。

EC2 を選んでみました。 EC2 に関するナレッジ一覧まで遷移するので、確認したいナレッジを探して選択します。

個別のナレッジは、タイトルに困りごとが記載され、本文中に簡単な説明(事象の補足や必要条件)と解決方法が記載されています。 要約された情報が記載されており、詳細な手順はドキュメントへのリンクが記載されています。

このページで解決しなかったとしても、情報の入り口として関連するドキュメントに移ることもできますし、サポートへ問い合わせする際も、このページに記載されていることは既に実施したと伝えることで情報の伝達がスムーズになると思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか? 困ったことハマったことはみんなでシェアして回避したいですし、ハマってもすぐに抜け出せるようにこういったナレッジを活用していくのは大切だと思います。
本記事が、どなたかのお役にたてれば幸いです。

おまけ

実は今回、最近よくお問い合わせいただく Systems Manager に関する困りごとをブログ記事にしようかと考えていました。その前に、既に存在しないかとナレッジセンターで確認したところ、既に記載がありました。これはナレッジセンターの存在を改めて広めたいと思い、今回紹介させていただきました!