カメラ器具のネジ口径には2種類ある話

2020.08.18

カフェチームの山本です。

先日、CVの実験でカメラを利用する際に、取り付け器具としてカメラポールを利用したのですが、ネジの口径が違い取り付けられない、というハマりポイントがありました。

今回は、このネジ口径について調べた内容についてまとめます。短い記事ですが、皆さんのご参考になれば幸いです。

ネジ口径

結論から言うと、カメラ関係の器具のネジ口径は規格で決まっており、数は2種類あります。サイズは、1/4インチ3/8インチ であり、口径が異なる器具同士をそのまま取り付けることはできません

メーカによって傾向が異なり、日本製のメーカでは1/4インチが、海外製のメーカでは3/8インチが、それぞれ利用されることが多いようです。

対応策

対応策として、以下の方法が考えられます。

  • 全てのネジの規格が揃ったポールを使用する
  • 変換アダプタを使用することでネジの大きさを変える

これから設計・購入する場合は、1つ目の対応策で良さそうです。一方、すでにポールがあり、それらの規格が合わない場合は、2つ目のほうがコストは安く抑えられそうです。ただし、強度や取り付ける器具の重さは確認する必要があると思われます。

Amazonで調べてみると、変換アダプタは以下のようなものが売っているようです。

UTEBIT カメラ ネジ 1/4'' 3/8'' ネジ変換アダプタ スピゴット ダボネジ 両用 1/4 インチ 3/8インチ ダブルヘッドスタッド 強化アルミ製 写真スタジオ 撮影用 ライトスタンド/三脚/一脚/一眼レフ/雲台/クイックリリース プレート 対応

HAKUBA カメラネジアダプター H-SA8

まとめ

カメラの三脚やポールのネジの口径には2種類あり(1/4インチ・3/8インチ)、そのままでは混在させた状態で使用できませんが、変換器具を利用することで同時に利用できることがわかりました。

参考にさせていただいたページ

カメラ初心者が知ってると役立つ三脚・雲台の基礎知識!ネジのサイズって知ってる?

三脚ネジの規格について

運台のカメラネジの規格について教えてください。