メールの送信を取り消す方法 – Gmail の使用例

2022.08.05

(Click here for English)

はじめに:

メールを送信した後、受信者リスト、件名、本文を編集などできればよかった、またはメールを完全にキャンセルしたかったと思うことがよくあります。これで、いくつかの基本設定を使用して、送信プロセスを元に戻すことができます。この記事ではその詳細をご紹介します。

達成する方法:

Gmail では、メールの送信プロセスを遅らせるオプションがあります。このオプションを利用すると、技術的にはメールがまだすぐに送信されないため、メールの送信直後に短時間送信を取り消すことができます。

このオプションを有効にするには、Gmail の「ギアボックス」をクリックし、「すべての設定を表示」を選択します。ここに「送信取り消し」オプションがあり、この値を 30 秒に設定します。これにより、メールを送信すると、30 秒間遅延することが保証されます。この間、メール画面の左下にポップアップ ボタンが表示されます。このポップアップ ボタンではメールの送信を取り消すことができます。

最後に:

この機能により、メール送信直後のメール内容の未送信や修正することが可能になりました。