[アップデート] AWS BackupがAmazon S3バックアップのリージョン間およびアカウント間コピーをサポートしました

AWS Backupで取得したAmazon S3のバックアップが、リージョン間およびアカウント間のコピーをサポートしましたので試してみました。
2022.07.31

こんにちは。サービス部の武田です。

AWS Backupは対応しているリソースのバックアップを、オンデマンドやスケジュールに基づいて作成できるサービスです。対応サービスにS3があるのですが、これまで取得したバックアップをリージョン間やアカウント間でコピーできませんでした。今回のアップデートでこれが可能になりました。

やってみた

実際にマネジメントコンソールで取得したバックアップをオンデマンドで別リージョンにコピーしてみました。

今回は東京リージョンで取得済みの次のバックアップを大阪リージョンにコピーします。

このバックアップの詳細ページを開くと、右上にコピーボタンがありますのでこれを押下します。

コピーの設定をします。リージョンが選択できますので、ここで「アジアパシフィック(大阪)」を選択します。するとボールトを選択するプルダウンが出現するため、任意のボールトを選択しましょう。

必要なパラメーターを選択して「コピー」ボタンを押下するとコピーが始まります。このまましばらく待ちましょう。

無事にコピーが完了しました。

コピージョブの詳細を見てみるとどこからどこへ、どのバックアップをコピーしたのかが確認できます。

最後に大阪リージョンでバックアップを確認しました。復旧ポイントIDは変わっていますね。

まとめ

DR対策の一環としてバックアップを別リージョンにコピーしたいというニーズは多いでしょう。これまで諦めていた方も、今回のアップデートで可能となりましたのでぜひ検討してみてください。