[iOS][Obj-C] ポップなローディング画面を手軽に実現!

待ち時間を楽しく!

大きなデータをローディングしているときは、なるべくユーザーにおもてなししたいところですね。ちょっと楽しい画面があるだけで、印象が変わると思います。

VMGearsLoading

title

今回は、ベトナムにお住いの Mai Le Hoang Vu さんが作成されたポップなローディング画面を手軽に実現できる、VMGearsLoadingを試してみます。

使い方

使い方はとても簡単です。

1. クローン

こちらから VMGearsLoadingをクローンしてきましょう。

2. 必要なファイルをプロジェクトにコピー

title

クローンして作成された VMGearsLoadingフォルダから、必要な以下3つのファイルを、実際にローディング画面を使用したいプロジェクトにコピーします。

  • VMGearLoadingView.h

  • VMGearLoadingView.m

  • Images フォルダ

3. 使ってみる

表示したい所で、以下のコードを記述するだけです!

[VMGearLoadingView showGearLoadingForView:self.view];

(上記 self.viewの部分は、お好みで適宜変更しましょう)

また、ローディングが終わったタイミングなどでは、以下のように記述すればフワッと消えてくれます。

[VMGearLoadingView hideGearLoadingForView:self.view];

デモ

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];
    [VMGearLoadingView showGearLoadingForView:self.view];
    [NSTimer scheduledTimerWithTimeInterval:3 target:self selector:@selector(hide) userInfo:nil repeats:NO];
}

- (void)hide
{
    [VMGearLoadingView hideGearLoadingForView:self.view];
}

デモ用の超簡単コードで試してみました!

まとめ

ポップなローディング画面で楽しいアプリを作りましょう!