[アップデート] EIP がリソース作成中のタグ付け(Tag-on-create)をサポートしました

どんどんTag-on-createができるようになってきてますね〜
2020.12.22

ちゃだいん(@chazuke4649)です。

リソースの作成中に、VPC の ElasticIPアドレス(EIP) にタグを追加できるようになりました。

Amazon Virtual Private Cloud (VPC) Now supports Tag on Create for Elastic IP addresses

地味に待ちわびていた方もいるのではないでしょうか?

ちなみに、現在 EC2関連のリソースでタグをサポート、あるいは作成時のタグ付けをサポートしているリソース一覧は以下ドキュメントに記載があります。

Tagging your Amazon EC2 resources - Amazon Elastic Compute Cloud

やってみた

とりあえずやってみます。二つのパターンで試しました。

  1. マネジメントコンソールで作成
  2. CloudFormationで作成

1. マネジメントコンソールで作成

まずはコンソールから確認します。

VPCコンソールのEIP画面にて[Allocate Elastic IP address]を選択すると、下図のような作成画面が表示されます。

下にスクロールすると

タグ編集エリアがありました。

コンソールからの作成は確認できました。

2. CloudFormationで作成

続いて、CloudFormationでも可能かどうか確認します。

予め起動しておいたEC2インスタンスに、CloudFormationでEIPを作成、アタッチします。

テンプレートは以下の通りです。

AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09"
Description: Create EIP

Resources:
  EIP1:
   Type: AWS::EC2::EIP
   Properties:
     InstanceId: i-090f9ccd76e570166 # 起動済みインスタンスIDです
     Tags:
      - Key: Name
        Value: TestEIP

上記テンプレートを実際に実行すると、問題なく成功しました。

コンソールから確認すると、

CloudFormationによって自動的に付加されるタグ以外に、ちゃんと明示的に指定したNameタグが付いてました。

CloudFormationの対応も確認できました。

終わりに

この調子で他のタグ付けサポートリソースの Tag-on-create にも期待したいところです!

それではこの辺で。ちゃだいん(@chazuke4649)でした。

関連記事

[アップデート] さらば名無しのスナップショット! AMI の作成時にイメージとスナップショットにタグ付けができるようになりました! | Developers.IO

[アップデート] NAT Gateway 作成時にタグ付けできるようになりました | Developers.IO