軽い!スピーディ!見つけやすい!新たな体験を提供するApp Clipsとは? #WWDC20

はじめに

本記事は Apple からベータ版として公開されているドキュメントを情報源としています。 そのため、正式版と異なる情報になる可能性があります。ご留意の上、お読みください。

こんにちは!おおはしりきたけです。23日の午前2時からWWDC 20が始まりました。 キーノートの発表については、[WWDC20] ARM MacにiOS14、新macOS 「Big Sur」発表など大型アップデートが一挙に公開! #WWDC2020を御覧ください。

その中でも、App Clipsが面白そうだったので、今回はApp Clipsについて、どのようなことが出来るのかを書かせていただきます。

App Clipsとは?

AppleのIntroducing App Clipsには、以下の用に書かれています。

App clips are a great way for users to quickly access and experience what your app has to offer. An app clip is a small part of your app that’s discoverable at the moment it’s needed. App clips are fast and lightweight so a user can open them quickly. Whether they're ordering take-out from a restaurant, renting a scooter, or setting up a new connected appliance for the first time, users will be able to start and finish an experience from your app in seconds. And when they’re done, you can offer the opportunity to download your full app.

DeepLで翻訳してみると、以下のように記されています。

アプリクリップは、ユーザーがアプリが提供しているものに素早くアクセスし、体験するための優れた方法です。アプリクリップは、必要な時にすぐに発見できるアプリの小さな部分です。アプリクリップは高速で軽量なので、ユーザーはすぐに開くことができます。レストランでテイクアウトを注文するときも、スクーターをレンタルするときも、新しい接続アプライアンスを初めて設定するときも、ユーザーは数秒でアプリから体験を開始したり終了したりすることができます。そして、ユーザーが体験を終えた後には、フルアプリをダウンロードする機会を提供することができます。

iOS 14から利用できる本機能、App Clipsでは、アプリのインストールなしに機能の一部を利用することができます。App Clipsはアプリケーションの体験の小さな一部として設計され、必要なときに瞬時に見つけることができます。App Clipsを利用することで、スピーディにさまざまなアプリやサービス、ショッピングで利用できます。

Keynoteでは、街で車を駐車するとき、電動キックボードを借りるとき、カフェでコーヒーを買うときなど、様々な場面で、App Clips経由で、それらのサービスを利用し、App Clipsを使って支払いが出来る体験動画が紹介されていました。

App Clipsの特長は、以下の3つです

  • 軽い
  • スピーディ
  • 見つけやすい

App Clipsは、スピードを重視した設計で、リアルの世界に設置されたNFCカードやQRコードなどを使って、すぐApp Clipsのアプリを起動することができます。操作を簡潔にするために、Apple Payに登録した支払い方法で支払うことができます。

どのように利用するのか

App Clipsは、App Clips単体では利用できません。本体のアプリの一部機能をApp Clipsとして利用することができます。 アプリの一部であるため、iOS SDKを使用してアプリ全体と同じXcodeプロジェクトで開発されます。App Clipsのサイズは小さいため、まだデバイス上にない場合でも、素早く開くことができます。App Store Connectの本体アプリの一部としてApp Clipsのアプリを管理することができます。

どこから利用できるのか?

App Clip Codesとは?

App Clips Codesは、ユーザーがApp Clipsを見つけるための方法です。以下の手段で利用が可能です。

  • NFC Tag
  • Visual Codes
  • Safari
  • Message
  • Location

各アプリクリップコードはURLをエンコードし、NFCタグを組み込んでいるため、コードをカメラでタップしたり、スキャンしたりできます。 また、App Clipsではホーム画面にアプリが提供されるわけではないですが、最近使用したApp Clipsは、新しいアプリライブラリの「Recents category」カテゴリから見つけることができ、起動することができます。

NFC Tag

ユーザーは、NFCタグにiPhoneをタップすることで、ロック画面からでもApp Clipsを起動出来ます。

Visual Codes

ユーザーがバーコードリーダーやカメラアプリでコードをスキャンすることで、App Clipsを起動出来ます。

この新しいコードを作成するためのツールは、今年後半に提供される予定です。

Safari

ウェブページにApp Clips用のスマートアプリバナーが設定されていれば、ユーザーは、タップするだけでApp Clipsを起動できます。

Messages

App Clips内で共有を有効にすると、ユーザーはiMessageで送信でき、受け取った方は、MessageからすぐにApp Clipsを起動できます。

Location

App Clipsを特定の場所に関連付けると、マップ上のプレイスカードに表示されるように登録し、そこからApp Clipeを起動出来ます。

どんな目的で利用すべきか

どのような形で利用するのが良いかは、AppleのHuman Interface Guidelines-App Clipsに記載されています。 推奨されていること、されていないことを抜粋してまとめてみました。

推奨されていること

  • App Clipsの機能は、達成したいタスクを実行するために必要最小限の重点的な機能にフォーカスして提供する
  • 起動時にApp Clipsに最も関連する部分を表示(例:購入とか)する
  • App Clipsのサイズはより小さくする。
    • サイズ自体は、10MB以下の制限がありますが、可能な限り不要なコードや未使用のアセットを削除をします
  • App Clipsを共有可能にする
    • 共有可能にすることで、他のユーザーとAppClipsを共有するように人々に促します。
  • 支払いを簡単にする
    • 支払情報の入力は、長くて間違いが起こりやすい作業なので、Apple Payをサポートしてexpress checkoutを提供して、ユーザーが入力せずに処理を終わらすことを検討してください。
  • Appleでサインインすることを検討する。
    • Appleにサインインすると、ユーザーのデバイスからのログイン情報が安全に保持され、プライバシーが保護されます。
  • 本体アプリのインストールは適切なタイミングでインストールさせる。
    • App Clipsを試してその価値を理解する機会を与えて、App Clipsを繰り返し使用するか、タスクを完了した後にのみ、本体アプリのインストールを推奨します。

推奨されていないこと

  • App Clipsを、サービスや製品を宣伝するマーケティング目的には利用しない。
  • App Clipsにはタブバーや複雑なナビゲーション、設定は含めることはできない。直感的で使いやすいインターフェースの設計が必要
  • 即時性を損なう可能性があるので、追加のデータのダウンロードをしない。
  • App Clips利用前に、アカウントの作成を要求しない。
    • アカウントの作成は、時間と労力を要します。アカウントを必要無いことを検討するか、タスク完了後にユーザーに対して、アカウントの作成を依頼することを検討してください。
  • App Clipsの通知は、ユーザーと継続的に関係していないため、関連する通知のみを送信することが重要です。プロモーション通知などは使用せず、明示的なユーザーアクションへの応答としてのみ通知を使用してください。

さいごに

日本では、キャッシュレス関連のアプリが賑わっており、App Clipsもその一旦を担いそうだと思っています。アプリ内の素晴らしい体験を、一部特化した形でApp Clipsで提供し、一部体験してもらうことで、アプリのDL促進にもなるのではないでしょうか。 利用できるのは、iOS 14がリリースされる秋以降にはなりますが、来年にはApp Clipsを利用したアプリも次々リリースされると思いますので、体験できることを楽しみにしています。

参照