WorkSpacesのキーボード入力が意図した結果にならない

2020.04.13

困っていた内容

AWSで準備されているWindows10のバンドルを利用して、WorkSpacesを起動しました。 接続後、キーボード入力を確認すると、意図した入力結果となっていません。 具体的には、下記のような事象が発生しています。

  • 「@」や「:」など、記号のキーを入力しても別の記号が入力される
  • 「半角/全角」キーを入力しても、ローマ字入力と英数字入力の切替えができない

バンドルからのWorkSpaces起動時には、言語は「日本語」を選択しています。 手元のキーボードの表示と同様の入力を、WorkSpaces上で行いたいです。

どう対応すればいいの?

OS側でのキーボード入力設定が英字キーボードになっていることが原因です。 OSの設定から、ハードウェアキーボードレイアウト設定を変更することにより、問題を解消できます。 なお、Workspacesの仕様上、バンドルからの初回起動時は言語選択を「日本語」指定していても、本設定手順は必要となります。

下記設定手順で変更が可能です。

設定手順

画面左下のwindowsマークをクリックし、メニューを開きます。 メニューを開きます

歯車のアイコンをクリックし、「設定」を開きます。  「設定」を開きます

「時刻と言語」をクリックします。 「時刻と言語」を開きます

「地域と言語」をクリックします。 「地域と言語」をクリックします

「言語」の項目内の「オプション」をクリックします。 「言語」の項目の「オプション」をクリックします

「ハードウェア キーボード レイアウト」の「キーボード レイアウト」の表示が「英字キーボード(101/102キー)」であることを確認し、「レイアウトを変更する」をクリックします。 「ハードウェア キーボード レイアウト」の「レイアウト」をクリックする

「日本語キーボード(106/109キー)」をクリックして選択し、「サインアウト」をクリックします。 サインアウトすると、一度WorkSpacesクライアントがログイン画面に戻ります。再ログイン後、日本語キーボードレイアウトでご利用いただけます。 「日本語キーボード」を選択し「サインアウト」をクリック

参考情報

Amazon WorkSpaces のキーボードの問題に関するトラブルシューティング

テクニカルサポートノートとは?

クラスメソッドのカルチャー(CLP) の「情報発信を通じて、全ての人々の創造活動に貢献し続ける」という考えから、クラスメソッド メンバーズをご利用のお客様よりいただいたお問い合わせより、他の AWS ユーザーにとっても 有益な情報を一般的な TIPS としてご紹介しています。