[小ネタ]WorkSpacesの停止のタイミングを確認してみた

2021.07.07

こんにちは、リサリサです。

WorkSpacesには、AlwaysOn(固定月額料金でWorkSpacesを無制限に利用できる)とAutoStop(時間単位で料金が発生)があります。AutoStopの場合は、WorkSpacesのアクティブな時間に対して課金されるので、節約したい場合は、使わない時間はなるべく停止させたいです。AutoStopの場合、自動停止時間というものがあり、切断後一定時間が経過すると自動的に停止されはするのですが、自動停止時間を待たずに停止する事はできるのか、また各終了方法の停止タイミングを確認してみました。

自動停止時間について

自動停止時間を設定するには、Amazon WorkSpaces コンソールで WorkSpace を選択し、[Actions] (アクション)、[Modify Running Mode Properties] (実行モードプロパティの変更) の順に選択し、[AutoStop Time (hours)] (自動停止時間 (時間)) を設定します。デフォルトでは、[AutoStop Time (hours)] (自動停止時間 (時間)) は 1 時間に設定されています。つまり、WorkSpace は、切断されてから 1 時間後に自動的に停止します。

コンソールで確認した所、1時間~48時間が設定できました。1時間より短くすることはできないようです。今回は1時間で検証しました。

「×」でWorkSpacesアプリを終了してみる

「×」でWorkSpacesアプリを終了してみました。

このセッションを切断していいですか?と出たので、「はい」としました。(ちなみに「いいえ」を選択するとWorkSpacesの終了自体ができなかったです)

少し待ちましたが、WorkSpaceが停止されることはなく、ステータスは「AVAILABLE」のままでした。

ちなみに、もう一度ログインすると、セッションも残っていました。

1時間ほど待つと、「STOPPED」になりました。

シャットダウンしてみる

WorkSpacesアプリのデスクトップ上から「シャットダウン」しました。

しばらくすると、ステータスが「STOPPED」になりました。

その他のセッション断

以下、試していませんが、WorkSpace の実行モードを管理するの内容です。

WorkSpace が切断され、自動停止時間が経過すると、WorkSpace が自動的に停止するまでさらに数分かかる場合があります。ただし、自動停止期間が経過するとすぐに請求が停止し、その追加時間に対しては課金されません。WorkSpace は、次の場合にのみ切断されます。

  • ユーザーが WorkSpace から手動で切断するか、Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションを終了する場合。
  • クライアントデバイスがシャットダウンされる場合。
  • 20 分を超える時間にわたって、クライアントデバイスと WorkSpace の間に接続がない場合。

切断した場合以外も、20分を超えて接続がないと、自動停止時間経過後に停止されるようです。

また、以下の場合は、切断扱いとならず、自動停止されない事もあるようです。

次の状況では、AutoStop WorkSpaces が自動的に停止されない場合があります

クライアントデバイスがシャットダウンされるのではなく、ロック状態、スリープ状態、またはその他の非アクティブ状態 (ノートパソコンのカバーが閉じられている、など) にある場合は、WorkSpaces アプリケーションがバックグラウンドで引き続き実行されている可能性があります。WorkSpaces アプリケーションが引き続き実行中である限り、WorkSpace は切断されない可能性があるため、自動的に停止しない場合があります。

WorkSpaces は、ユーザーが WorkSpaces クライアントを使用している場合にのみ切断を検出できます。ユーザーがサードパーティーのクライアントを使用している場合は、WorkSpaces が切断状態を検出できない可能性があり、WorkSpace が自動的に停止せず、請求が中断しない場合があります。

まとめ

  • シャットダウンすれば、シャットダウンした際に停止させられる。
  • 「×」でアプリ終了及び、クライアントマシンシャットダウンなどの場合、自動停止時間経過後に停止される。
  • クライアントデバイスと WorkSpace の間に接続がない場合、20分経過後切断扱いとなり、自動停止時間経過後に停止される。
  • クライアントデバイスがシャットダウンされるのではなく、ロック状態、スリープ状態、またはその他の非アクティブ状態 (ノートパソコンのカバーが閉じられている、など) にある場合、自動的に停止しない場合がある。

可能であれば毎回シャットダウンする。シャットダウンを忘れても、自動停止時間経過すれば自動で停止されるから安心。ただ、ロック状態、スリープ状態での接続しっぱなしには気を付けましょう。という事なのかなと思いました。

少しでも節約してWorkSpacesを利用したい方の参考になれば幸いです。

おまけ

分単位で節約して利用しても、課金単位は1時間単位のようです。

参考

WorkSpace の実行モードを管理する