[Developers.IOの中の人がブログと仕事のバランスについて語り合うMeetup]: AWS re:Invent 2016で めちゃくちゃブログ書いた話

はじめに

2016年12月26日(月)に大阪、2016年12月27日(火)に福岡で開催した、クラスメソッド会社説明会「Developers.IOの中の人がブログと仕事のバランスについて語り合うMeetup 〜ブログ初心者が技術記事を書くことでスキルアップする仕掛けと仕組み〜」で、「AWS re:Invent 2016で めちゃくちゃブログ書いた話」というタイトルでお話しをしてきました。

なお、クラスメソッドの2016年の仕事納めは12月22日。本イベントは年末休み期間中に、社長と部長だけ合計6人で敢行した、ある意味チャレンジングなものでした。

スライド

内容

AWS re:InventはAWSの世界最大のカンファレンスです。「学習型カンファレンス」であることが特徴で、参加者が自ら学ぶための機会が多数用意されています。

クラスメソッドは2013年から4年連続でAWS re:Inventに参加しており、毎年大量のブログをアウトプットしています。

日本からも多くのパートナー、ユーザーが参加しますし、現地では毎晩パーティイベントが開催されます。ラスベガスということでカジノを始めとする観光名所もたくさんあります。ハメを外そうと思えばいくらだった外せますし、毎日遊ぶことも可能でしょう。しかしクラスメソッドにとってAWS re:InventはAWSの新機能や新サービスをキャッチアップし、現地の最新事例を学び、そして全てをブログにアウトプットする場です。

資料にも書きましたが、私たちは毎朝、朝食会場で朝会を行い、前日の振り返りを行い、当日のスケジュールを確認し、誰がどのブログを書くのかを相談します。社内チャットでコミュニケーションをとりながら、いかに多くのブログを高い精度でアウトプットしていくのかを、ずっと考えながら行動しています。他の参加者の方に「クラスメソッドはガチ勢だから」と言われることもあります。その通りだと思います。僕たちはガチでブログを書くためにラスベガスに行っているのです。

そんなことを4年間も続けているから、AWSのエンジニア部署は半数以上がAWS re:Invent参加経験者となっています。行きたいと手を挙げる人は全員行ってもらいます。もちろん日頃からのアウトプットも求めます。普段ブログを書いてない人が、急にAWS re:Inventに参加したからって書けるようにはなりません。アウトプットが習慣になっているからこそ、どんな場でもどんな国でもどんな時差でも、バンバンアウトプットが出来ます。クラスメソッドにとってブログは文化であり習慣です。全てのノウハウをアウトプットしていく、これがクラメソスタイルです。

さいごに

AWS re:Invent 2017は、今年の倍以上の人数で参加したいと思っています(社長の許可は取っていません)

是非クラスメソッドにジョインして、一緒にラスベガスで、最高の1週間を過ごしてみませんか!