WWDC 2015 現地レポート #5 準備編

2015.06.30

はじめに

wwdc-2015-repo-5-2015-06-11 09.28.39-1 こんにちは。平屋です。前回の記事に引き続き、WWDC に関する情報を紹介していきます。

今回の WWDC 参加は初海外ではなかったのですが、何もかも自前で準備するのは初でした。必要な手続きや必要なモノなどは、WWDC に参加した方のレポート記事などを読みながら揃えていきました。

本記事では、WWDC に参加するにあたって準備したこと・準備したモノを紹介していきます。

WWDC の会場に入るために必要なこと

  • WWDC のチケットを申し込む
  • WWDC のチケットに当選する
  • WWDC のチケットを購入する

アメリカに入国するために必要なこと

入国の手続き関連であったほうが良いもの

  • 旅程のコピー
  • ESTAのコピー
  • ボールペン (書類記入の際に使用)

お金とか

  • 米ドルを空港の両替所で1万円分両替
  • クレジットカード (海外旅行の保険付)

航空券とホテル

私はエクスペディアで航空券とホテルをまとめて購入しました。(WWDC チケット当選数日後に購入)

ホテル

早めに確保したほうが良いです。期間中は高騰します。私が泊まったホテルは閑散期の3倍ぐらいの値段でした。 WWDCの日程が出た時点で「キャンセル可能なホテル」を確保するという手もあるらしいです。

周りの人に宿泊先を聞いてみましたが、普通にホテルの人もいれば、Airbnb‎ 部屋を借りた人もいました。

現地のホテルの値段は単価*人数ではなく部屋代で請求されるタイプだったので、仲間を募って複数人で借りたほうがオトクです。

航空券

往路も復路も直行便を選択しました。行きは ANA で 帰りは ユナイテッド航空。帰りの便はアメリカの航空会社でしたが、日本人の乗務員もいました。

スケジュール

WWDC 会場以外の場所に足を運ぶ時間も作るべしです。今回は観光する時間がほとんどありませんでした。

また、適度に休憩する時間も必要です。

  • 滞在日数
  • キーノート、セッション、ラボ
  • WWDC 開催時期に会場周辺で催されるイベント
  • サンフランシスコ観光
  • 現地企業訪問
  • 休む時間

今回新たに買ったもの

頻繁に海外に行く予定はありませんが、大きめのキャリーケースを新規購入しました。

  • TSAロック搭載 (アメリカなので)
  • 容量60リットル (1週間分の荷物が入るくらいのサイズ)
  • 素材が軽いもの (ポリカーボネート)

その他の持ち物

今回は荷物が多すぎました。薄型の「新しいMacBook」を使っている人が羨ましかったです。

  • 15インチMacBook Pro Retina + 電源アダプタ
  • iPhone + Lightning ケーブル
  • Apple Watch + USB ケーブル
  • サンボル-Ethernet アダプタ
  • ノイズキャンセリングヘッドホン (Bose QuietComfort20i)
  • 日数分の服 (洗濯すれば枚数は減る)
  • 名刺
  • スリッパ(機内、ホテルで使用)
  • 防寒着

持っていったけど、今回はあまり役に立たなかったもの

  • モバイルルータ
  • HyperJuice (大容量バッテリー) + HyperJuice の電源アダプタ
  • Mac の電源アダプタを延長するコード
  • 電源の延長コード

用意しておけば良かったもの

  • アプリの宣伝グッズ

まとめ

  • パスポート、ESTA、宿泊場所は早めに確保・取得
  • WWDC 期間中のサンフランシスコを満喫できるスケジュールを立てる
  • 荷物は少なめに

関連記事

参考にした記事

WWDC 参加の準備をするにあたって、たくさんのレポート記事を参考にさせていただきました。執筆者の皆様、ありがとうございました。

WWDC 2014 のレポート記事

WWDC 2013 以前のレポート記事

Google I/O のレポート記事

slideshare

その他の海外レポート記事

WWDC 2015のレポート記事

今年 WWDC に参加された方のレポート記事も既にたくさん公開されています。