App Store経由でインストールしたXcode12でドキュメンテーションウインドウを開くとクラッシュする問題

App Store経由でアップデートしたXcodeでドキュメンテーションウインドウを表示しようとするとクラッシュする問題と現状の回避方法について書きました。
2020.09.24

まだ日本語の記事はないようだったので記事にします。App Store経由でアップデートしたXcodeでドキュメンテーションウインドウを表示しようとするとクラッシュしました。この症状について調べているとフォーラムで多くの開発者の方が同様の症状を報告していました。

環境

  • Xcode: Version 12.0 (12A7209)
  • macOS: Catalina 10.15.5(19F96)

クラッシュする手順

型アノテーション上でOption + クリックでポップアップする画面からOpen in Developer Documentationをクリックでクラッシュします。自分がインストールしたXcode12だと100%再現します。

100%だったのと、App Store経由でインストールするXcodeに問題が生じたことは少なくないのでフォーラムを覗くと同じ症状の開発者の方がたくさんおられました。

他にもショートカットや右クリック経由でドキュメンテーションウインドウを開いてもクラッシュするとコメントしておられる方もいたので、特定の操作でクラッシュするのではなくドキュメンテーションウインドウを開こうとするとクラッシュするようです。

フォーラムの反応からApp Store版のみに影響があり、GM版や最近リリースされた最新のbetaをインストールしていた人はドキュメントビューアは問題なく動作しているという報告もありました。

解決方法

そのような反応からおそらくApp Store以外の所からXcode12をインストールすれば良いらしいということは想像できますが、AppleのTechnology Evangelistの方が以下のコメントを残しておられました。

This affects Xcode 12 when downloaded from the Mac App Store. We're aware of the problem and we're working on a fix.

この問題はMacのApp StoreからインストールしたXcode 12に起きる問題で、かつ問題を認識されていて鋭意修正中とのことでした。

加えて現状の回避策としてdeveloper.apple.comのMore Software Downloads - Apple Developerからインストールするようガイドがありました。

App Storeを経由せずにインストールしたXcode 12でドキュメンテーションウインドウを開いてもクラッシュしなくなっていることを確認しました。

まとめ

案内されていた解決方法、Apple Developer Programに加入している人しか利用できない気がするんですが、それは大丈夫なのでしょうか……。