スマートディスプレイの Echo Show 8でZoomミーティングに参加してみた

reInventのアップデート資料に含まれていた、Echo Show 8 の Zoomミーティングサポートを試してみました。
2020.12.30

AWSチームのすずきです。

Amazonが販売するスマートディスプレイのEcho Show 8、Zoomミーティングをサポートするアップデートがありました。

手持ちのEcho Show 8を利用して、Zoom ミーティングを試す機会がありましたので紹介させて頂きます。

環境

Amazonアカウント

Echo Show 8 で Zoom を利用するため、「amazon.com」米国サイトで発行した Amazonアカウントを利用しました。

日本の「amazon.co.jp」で発行した Amzonアカウントにログインした Echo Show8 では、

`Echo Showでは、そのビデオサービスはまだご利用になれません。`

となり、2020年12月時点ではZoom ミーティングを利用する事はできませんでした。

FireOSバージョン

FireOS 6.5.4.2(NS6542/3048) を利用しました。

Zoomミーティング

ウェイクワード

デバイスの言語設定「日本語」と設定した Echo Show 8 では、

「アレクサ、ズームを開いて」

で Zoomアプリを開く事ができました。

ミーティングID入力

ZoomのミーティングIDが判明している場合、Zoomにサインインを実施しなくてもミーティングに参加する事が可能です。

ミーティング画面

サインイン

Echo Show 8 の Zoomアプリでサインインを行う事で、カレンダー連携が可能になります。

アレクサ設定

スマートフォンの Alexaアプリの「設定」より、Alexaの環境設定 → 「カレンダー」で Google のアカウントをリンクします。

Echo Show アプリ

カレンダーに登録された直近のミーティングを指定、参加する事が可能になります。

Echo Show 8 のアレクサでスケジュールの確認、通知を受けることも可能です。

ビデオ通話

カメラ

Echo Show 8のカメラは1MP(100万画素)。 iPhone6世代のスマートフォンのフロントカメラ、ノートPCの内蔵カメラと同程度の画像が得られました。

音声(マイク、スピーカー)

Echo Show 8 は、2.0インチ 10Wのスピーカを2つ搭載。受発信ともに良好な音質で利用する事ができました。

まとめ

スマートフォンと比較して大きなサイズのモニタ、スピーカーを搭載する Echo Show 8、 Zoomミーティング用の端末として実用的に使える事が確認できました。

2020年12月の時点では、Zoomミーティングのサポートは米国のみ、端末もEcho Show 8 に限られますが、 今後の各国展開や、他のAmazonデバイスでも利用可能になることに期待したいと思います。