AlteryxでExcelファイルから特定のシートの特定の範囲を読み込む

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

今回は、Alteryx DesignerでExcelファイルから特定のシートの特定の範囲を読み込む方法についてご紹介いたします。

Excelファイルの特定のシートの特定の範囲を読み込む

用意したデータ

以下のようなデータを用意しました。

このExcelファイルをInput Dataツールでシートを指定して読み込むと、以下のようにデータが表示されます。

このデータを使って、ExcelのA2からB3までの範囲をAlteryxで読み込んでみます。

Excelファイルで範囲に名前を付ける方法

Excelファイルで範囲に名前を付けておくと、Input Dataツールで読み込む際にその名前を指定することができます。

Excelファイルで対象の範囲を指定し、名前を付けます。範囲を指定している状態でボックスに名前を入力すると、その範囲に名前を付けることができます。

以下のように、範囲にあわせて3つの名前(Okashi、Yougashi、Wagashi)を付けました。

ちなみに、Excelの名前の管理では以下のように表示されています。

Excelファイルで範囲に名前を付けた後は、Alteryx DesignerのInput DataツールでExcelファイルを読み込みます。Select a named rangeを選択すると、Excelファイルで付けた名前が選択できます。

これでExcelファイルの特定の範囲を読み込むことができました。

Input Dataツールを編集する方法

Alteryx Communityには、Input Dataツールの設定で範囲を指定する方法が紹介されています。

まずはAlteryx DesignerのInput Dataツールで、データが含まれているシートを指定します。

この時点では、Input DataツールのTable or Queryにはシートだけが指定されています。

Connect a File or Databaseに直接入力して、<ファイルパス>|||`<シート名>$範囲`という書式で設定します。範囲は、A2:B3というように指定します。

入力後、ワークフローの白い部分をクリックするなどしてInput Dataツールの設定を更新すると、Table or Queryの部分にシートと範囲が入力された状態になります。また、指定した範囲のデータのみ表示されるようになりました。

最後に

今回は、Alteryx DesignerでExcelファイルから特定のシートの特定の範囲を読み込む方法についてご紹介しました。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400