Tableau 2019.2 新機能紹介:[小ネタ](一定の条件を満たせば)TSM CLIコマンドを実行する時にパスワードを入力する必要が無くなりました #tableau

はじめに

どうも。DI部@大阪オフィスの玉井です。

日本時間2019年05月22日(水)、Tableauの最新バージョンとなる「v2019.2」がリリースされました。

当エントリでは、バージョン2019.2の新機能の中から「Direct access with TSM CLI」についてご紹介したいと思います。

今まではTSM CLIコマンドを実行する時は必ず認証が必要だった

Tableau Serverの管理を行うTSM CLIですが、こちらを実行する時、今まではパスワードの入力が求められてきました。

2019.2以降、一定の条件を満たした場合は、この認証無しでTSM CLIを実行することができます。

Direct access with TSM CLIの条件

Tableauのドキュメント曰く、下記の通りです。

  • コマンドを実行するアカウントが、Windows Server上のLocal Administratorsグループ(TSM-authorized group)に所属していること
  • Tableau Server Administration Controllerサービスが実行されているインスタンス上で直接実行(ローカルで実行)すること
    • 例えばクラスター構成の場合は、初期ノードにTableau Server Administration Controllerサービスがあるため、初期ノードで実行する必要がある…みたいなケースが該当すると思われます。

実際にやってみた

例えば、単一構成のTableau Server(のWindows Server)に、ローカルAdminグループのユーザーでログインして実行した場合は、下記のようにパスワード認証無しで実行できます。

※コマンド自体がエラーになってるのは気にしないでください。

スクリプトで真価を発揮するかも

もちろん普通に使う分でも便利なこの機能ですが、本領を発揮するのは、TSM CLIを用いたスクリプトを作成するときではないでしょうか。

前述したように、今までのTSM CLIは実行に必ず認証が必要でした。ですので、普通にスクリプトを書く分には、スクリプト上にパスワードをべた書きする必要があります。さすがにそれがセキュリティ上アレだということで、下記のようなアプローチが考えられたりしました。

しかし、今回の条件に該当するユーザーを使用すれば、そもそもパスワードを埋め込んだり別の方法を使うこと無く、スクリプトを作成することができると思われます。

おわりに

これまた地味ではあるのですが、かゆいところに手が届いた!的な新機能ということで、紹介しました。

参考