Tableau 2019.3 新機能紹介:埋め込みデータソースのパブリッシュ #tableau

こんちわ。DA事業本部@大阪オフィスの玉井です。

日本時間2019年09月18日(水)、Tableauの最新バージョンとなる「v2019.3」がリリースされました。

当エントリでは、バージョン2019.3の新機能の中から「埋め込みデータソースのパブリッシュ」についてご紹介したいと思います。

概要

TableauワークブックをTableau Server(またはOnline)にパブリッシュするとき、使用しているデータソースを埋め込むか別途パブリッシュするか選べますよね。で、埋め込んでパブリッシュした後、しばらくして「この埋め込んであるデータソース、別出しにして別個管理したいなあ」なんて思うときがあります。

今までは、Tableau Desktopからパブリッシュをし直すところですが、2019.3からはTableau Server上の編集画面から直接別出しパブリッシュができるようになりました。

やってみた

いつものようにワークブックを開きます。

編集画面を開きます。ここまでは従来通り。

ダッシュボードではなくワークシートに遷移し、左上のデータソースから、別だしパブリッシュしたいデータソースを右クリックして下記メニューを選びましょう。

すると、ダイアログで出るので、適宜チェックボックスを選んで、「はい」を選択します(このチェックボックスは、ワークシートで使用しているデータソースを別だしパブリッシュしたほうに切り替えるか既存のままにするか、という意味です)。

パブリッシュに成功すると下記ダイアログが表示されます。実際に見に行ってみましょう。

ダッシュボードが配置されているプロジェクト直下にデータソースがパブリッシュされていることが確認できました。

おわりに

地味な機能ではありますが、何気に便利な機能だと思います。2019.3のTableau Serverの新機能は大きいのが2つあるのですが、別途アドオンが必要なので、そちらは準備でき次第検証してブログにしていきたいと思います。