Tableauで人口ピラミッド(年齢構成を可視化したグラフ)を作成してみた

はじめに

こんにちは。DI部のtamaです。

顧客などの、人単位のデータを分析する際、「性別及び年齢別の分布を一目で確認したい」といった場面があるかと思います。 今回は、そのような場面で威力を発揮しそうな「人口ピラミッド」を、Tableauで作成してみました。

人口ピラミッドとは

縦軸に年齢、横軸に性別をとり、それぞれの人口を可視化したグラフです。グラフの形状で、分布が一目で概観できるようになっているのが特徴です。(日本の人口ピラミッドは「つぼ型」と言われています。)

人口ピラミッド(じんこうピラミッド)とは、男女別に年齢ごとの人口を表したグラフのことである。 中央に縦軸を引き、底辺を0歳にして頂点を最高年齢者として年齢を刻み、左右に男・女別に年齢別の人口数または割合を棒グラフで表した「年齢別人口構成図」のこと。

作業環境

  • Tableau Desktop Professional 10.4.0
  • macOS Sierra 10.12.6

作業のポイント

  • 左右反対にグラフを並べる必要がある。
    • 「軸の編集」メニューにある、「スケール」という項目を使用します。

手順

使用するデータについて

今回は、東京と奈良(私の出身なので)の人口統計データを使用致します。 上記リンクから、男女別人口データを取得し、下記のように整形しました。

1

※本エントリは、Tableauの作業手順がメインなので、データの整形作業については割愛致します。

各項目を配置する

まず、年齢を行シェルフに移動します。

2

続いて、男女の人口を列シェルフに移動します。

3

軸を反転させる

ここが今回のポイントです。 男性側グラフの軸を右クリックし、「軸の編集」を開きます。

4

「スケール」の「反転」にチェックを入れます。

5

「反転」にチェックを入れると、その名の通り、対象のグラフが反転します。

6

体裁を整えて完成

反転後は、見る人がわかりやすいように、体裁を整えて、完成です。

  • 男女別に色を分ける
  • 都道府県別にフィルターを用意する
  • 軸の単位を変える

…などなど

7_b

おまけ

グラフの形状を変えたり、年齢をビン機能で分割したり、計算フィールドで総人口に対する比率を出したりすると、以下のようなグラフにもできます。

8

まとめ

今回は、Tableauで人口ピラミッドを作成する方法を紹介しました。

人口ピラミッドは、性別及び年齢別に人単位のデータを概観するときに向いていると思います。

また、データにセグメントが色々ついていると、それをフィルターに使用し、さらにデータを深掘りすることができると思います。(顧客データ分析で、優良顧客かそうでないかで、性別や年齢に違いがあるかどうかをみたり…など)

参考リンク

このエントリで使用したデータ(整形済データ)