[AppleScript] サウンドの音量を調節する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

音量の調節

AppleScript で音量調節を行うためには set volume コマンドを使用します。

set volume コマンド

このコマンドは出力、入力、警告の音量を設定します。

Syntax - -
set volume - required
- number optional
output volume integer optional
input volume integer optional
alert volume integer optional
output muted boolean optional

サンプルコード

set volume 0 -- 出力音量を 0 にする
set volume output volume 60  -- 出力音量を 60 にする
set volume input volume 100 -- 入力音量を 100 にする
set volume alert volume 20 -- 警告音量を 20 にする
set volume with output muted -- 出力音量をミュートにする

Line 1

set volume <数字> は出力音量を調節します。
数字の範囲は 0 から 7 までの実数です。
ですが、このパラメータは deprecated となっているので、出力音量を調節する場合は set volume output volume を使用するようにしましょう。

Line 2

output volume パラメータは出力音量を調節します。
数字の範囲は 0 から 100 までの整数です。
キーボードのスピーカーアイコンを押したときに変更される音量はこの値です。

Line 3

input volume パラメータは入力音量を調節します。
数字の範囲は 0 から 100 までの整数です。

Line 4

alert volume パラメータは警告音量を調節します。
数字の範囲は 0 から 100 までの整数です。

Line 5

output muted パラメータはミュートのオン/オフを設定します。
オンにする場合は set volume with output muted、オフにする場合は set volume without output muted と指定します。

さいごに

AppleScript での音量調節はとても簡単です。
一般的に「音量」と言えば 出力音量 を指すので、よく使うパラメータは以下の 2 つになることでしょう。

  • output volume
  • output muted

リンク

ミレニアム・ファルコン製作日記 #53

53 号 表紙

mfd_53_1

パーツ

mfd_53_2

mfd_53_3

mfd_53_4

成果

mfd_53_5

mfd_53_6

今回の作業は以下の 3 つでした。

  • 上部外殻フレームを拡張する
  • 組立ジグをつくる
  • 穴メカにディテールパーツを取り付ける

今回も上部外殻フレームの取り付けです。
おそらく、しばらくはこの作業が続くことでしょう。
また、組立ジグも作成しました。
作成したフレームが歪まないようにこれを使って支え、保管します。

穴メカの作成では久々に細かい作業を行いました。
ただの平面だったパーツが、ディテールパーツを取り付けることによってここまでリアルになりました。

それではまた次回。

May the Force be with you!