Ajax – Dart逆引きリファレンス

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Ajax

XMLHttpRequestを利用して非同期通信を行いたい

非同期通信には「XMLHttpRequest」オブジェクトを使用します。JavaScriptでの利用と同じプロセスで扱うことが可能です。

var xhr = new XMLHttpRequest();
xhr.open('GET', '/data.json', true);
xhr.on.readyStateChange.add((req) {
  print("The contents of your data: ${req.responseText}");
});
xhr.send();

Dartには、オブジェクトの生成とリクエストの送信を同時に行う「XMLHttpRequest.get」コンストラクタが用意されています。ちゃちゃっとGETリクエストしたい時に便利ですね。

var xhr = new XMLHttpRequest.get("/data.json", (req) {
  print("The contents of your data: ${req.responseText}");
});

こちらに「XMLHttpRequest」を用いたサンプルを掲載しているので、そちらも併せてご覧ください。(^^)

参照