導入 – Dart逆引きリファレンス

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

導入(Getting started)

1. HTMLにDartコードを埋め込みたい

下記のようにscriptタグを定義します。スクリプトタイプには「application/dart」を指定します。

<script type='application/dart' src='example.dart'></script>

また、Dartエンジンを起動させる為に下記の記述が必要です。

<script type='text/javascript'>
  if (navigator.webkitStartDart) {
    navigator.webkitStartDart();
  }
</script>

2. プログラムの開始ポイントが知りたい

Dartコードのプログラム開始ポイントはmainメソッドになります。

main() {
  // Dartコード
}

Dartコードではこのmainメソッドは必須のものとなります。この点についてはJavaScriptよりもJavaに近いように感じられます。

3. Dartコードが実行不可能な場合の処理を指定したい

起動時のJavaScriptコードにおいて、navigator.webkitStartDart関数が存在しない場合(!navigator.webkitStartDart)を「Dartコードが実行不可能な環境」であると判断します。

<script type='text/javascript'>
  if (!navigator.webkitStartDart) {
    docment.write('ブラウザがDartをサポートしていません……。(´;ω;`)');
  }
</script>

4. 標準出力(コンソール)へ文字列を出力したい

ブラウザレベルで標準出力を用意していたJavaScriptと違い、Dartには言語レベルで標準出力用メソッドが備わっています。

print('Hello, dart!');

Dart VMが実装されたバージョンのDart Editorでは、Dart Editor上のコンソールビューに文字列が出力されます。
ブラウザに実装されているコンソールを利用する場合には、下記の通りJavaScript同様に記述することが出来ます。

#import('dart:html');

window.console.log('Hello, dart!');

※グローバルプロパティ「window」は、「dart:html」ライブラリに実装されているのでインポートする必要があります。

5. モーダルアラートを表示させたい

下記の通りJavaScript同様に記述することが出来ます。

#import('dart:html');

window.alert('Hello, dart!');

※グローバルプロパティ「window」は、「dart:html」ライブラリに実装されているのでインポートする必要があります。