タイミング – Dart逆引きリファレンス

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

タイミング(Timing)

指定した時間の経過後に特定の処理を行わせたい

dart:html」をインポートすることで参照可能となるグローバル変数「window」が持つ「setTimeout」メソッドを使用します。

window.setTimeout((){ /* Do something. */ }, 500);

第一引数には関数を、第二引数には時間をミリ秒で指定します。

特定の処理の実行時間を計測したい

Stopwatch」オブジェクトを使用します。

measure(fn) {
  Stopwatch watch = new Stopwatch.start();
  fn();
  return watch.elapsedInMs();
}

Stopwatch」クラスの名前付きコンストラクタ「Stopwatch.start()」で、オブジェクトの生成と併せて計測を開始しています。
elapsedInMs()」はコールされた時の経過時間をミリ秒で返すメソッドです。その後も計測は続いているので「elapsedInMs()」をコールする毎に得られるミリ秒は増加していきます。まさにストップウォッチのラップタイム計測ですね。(^^)

参照