【最大34%】AWS東京リージョンのデータ転送料金が値下げ

191件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ども、大瀧です。
本日、AWS東京リージョンのデータ転送料金の値下げが発表されました。

9/1以降の利用料金に適用されます。値下げ対象のサービス/値下げ幅は以下です。

EC2もしくはS3→インターネットのデータ転送料金

利用量 現レート 新レート 値下げ幅
1GBまで $0.000 $0.000 0%
10TBまで $0.140 $0.114 -19%
50TBまで $0.135 $0.089 -34%
150TBまで $0.130 $0.086 -34%
150TB以上 $0.120 $0.084 -30%

CloudFrontのデータ転送料金

利用量 現レート 新レート 値下げ幅
10TBまで $0.140 $0.114 -19%
50TBまで $0.135 $0.089 -34%
150TBまで $0.120 $0.086 -28%
500TBまで $0.100 $0.084 -16%
1024TBまで $0.080 $0.080 0%
5PBまで $0.070 $0.070 0%
5PB以上 $0.060 $0.060 0%

なお、シドニーリージョンのデータ転送料金も同様に値下げされています。

所感

東京リージョンのデータ転送料金は他のグローバルリージョンと比較して高かったのですが、今回の値下げでほぼ同水準になったのかなと思います。 *1 AWSではここしばらく大規模な値下げのアナウンスが無かったので、久しぶりに浮いた利用料金で飲みに行こう!と言った声が方々から聞こえてくるかもしれませんね。

脚注

  1. まだちょっと高いですが料金差を気にして敢えて米国リージョンを選ぶ、といったケースは少なくなりそうです。