[AWS新サービス] AWS Lambda #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

本日のre:Invent Keynoteにて、新サービス「AWS Lambda」が発表されました!現在はUS East (Northern Virginia), US West (Oregon), と Europe (Ireland)リージョンで限定プレビューとなっています。

Amazon Lambda

lambdaは管理不要の新しいコンピューティングプラットフォームです。Lambdaは一言で言うとメンテナンスフリーなイベント駆動のAWSグルー(glue)プラットフォームと言えると思います。このグループラットフォームはNode.jsで実装します。

LambdaはS3やKinesis、DynamoDBのイベントと連携し、コード実行を行って、次のイベント通知、という一連の流れを処理できます。メインのコード実行はLambda functionというものを記述します。

メンテナンスフリー

完全にメンテナンスフリーです。EC2を準備する必要は有りません。

高速

新しいデータに対して即時に対応します。また、イベントを受信すると数ミリ秒で起動します。

スケーリング

スケーリングを気にする必要は有りません。数千並列でも実行可能です。

費用効果

100ミリ秒単位で計算されるようです。そのため、イベントドリブンで起動するため必要な分だけサービスの使用料がかかり、起動中のプロセスで課金されます。真に必要な分のみの課金が可能になりますね。

さいごに

AWSのバックエンドサービス連携がコード身にで実行可能になると、サーバ運用が不要になります。今までのAWSはオンプレミスの続きとしての正常進化をしているIaasでしたが、真にクラウドといえるプラットフォームへ生まれ変わろうとしているのではないでしょうか。

S3の新機能としてイベント通知が先程できました([AWS新機能] Amazon S3 Event Notificationsを使ってみた)。これはLambda連携を行うためのアップデートだと思います。今後様々なサービスでイベント通知に対応すると夢が広がりますね!
なお、自分はこれを機会にNode.jsを勉強しようと心に決めました。