【速報】Amazon AuroraでMySQL 5.7互換が発表!

154件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する大栗です。

先程Amazon AuroraでMySQL 5.7互換についてアナウンスがありました。

Announcing Preview of Amazon Aurora with MySQL 5.7 Compatibility

Amazon AuroraのMySQL互換

今まではMySQL 5.6互換(ログインしてバージョンを確認するとMySQL 5.6.10と表示されます)でした。今回MySQL 5.7互換が発表されたので、今までMySQL 5.6互換としてサポートしていなかったJSONサポート、空間インデックス(今まではAWSの独自実装でした)、generated columnなどに対応している模様です。またパフォーマンスの面でもMySQL 5.7より5倍のパフォーマンス向上、空間データセットの最大10倍などの拡張機能を提供すると謳っています。

使用するには?

現在Previewの申し込み中であるため、以下のリンクより申し込みをします。

Amazon Aurora with MySQL 5.7 Compatibility: Preview

さいごに

Amazon Auroraはバージョン表記の上ではバージョン5.6.10となっていたため、MySQL 5.6互換のまま別ブランチで進化していくのではないかと危惧していました。今回の発表でMySQLのバージョンアップに追随していくと分かりほっとしています。

Amazon Auroraとして独自実装している機能とMySQLとして実装している機能で重複しているものもあり、どのように実装されるかは不明なので、実際に使用できるようになったら確認していきたいと思います。