[Amazon Connect] 新旧CCPの利用方法について

1 はじめに

CX事業本部の平内(SIN)です。

Amazon Connect(以下、Connect)では、先月から、音声での対応に加えて、チャットでの利用も可能になっていますが、チャットが利用できるCCPは、既存のものとは違います。

今回は、この2種類のCCPの起動方法について確認して見ました。

1 ログインURL

Connectのコンソールに表示されているログインURLからログインすると、セキュリティプロファイルの数字とフローが、Enableかどうかで動作が変わります。

https://{インスタンス名}.awsapps.com/connect/login

(1) Disableの場合

こちらが、従来のデフォルトの動作です。ログインのあと、既存のCCPが表示されます。

(2) Enableの場合

Chat mode test が有効な場合、ダッシュボードが表示されます。そして、CCPのアイコンをクリックすると、チャットが利用可能なCCPとなります。

2 CCPのURL

(1) https://{インスタンス名}.awsapps.com/connect/ccp/

上記のURLから既存のCCPを表示させる事ができます。

(2) https://{インスタンス名}.awsapps.com/connect/ccp-v2/

上記のURLからチャット利用可能な新しいCCPを表示させる事ができます。

3 amazon-connect-streams

amazon-connect-streamsでは、上記のCCPのURLをccpUrlで指定することで、新旧を切り替えることできます。

const connect_instance_name = 'sample';
const region = 'ap-northeast-1';
const ccpUrl = `https://${connect_instance_name}.awsapps.com/connect/ccp-v2#/`; // 新CCPの場合

connect.core.initCCP(containerDiv, {
    ccpUrl:        ccpUrl,
    loginPopup:    false, // ログイン画面をポップアップしない
    region: region,
    softphone: {
        allowFramedSoftphone: true
    },
});

という事で、先日、公開しました、下記も新CCPに変更しました。

特に変更せず、そのんまま利用すると、以下のようになります。

4 最後に

今回は、新旧2種類のCCPの起動方法について確認して見ました。

2つのCCPは、どちらも自由に利用可能です。利便性を上げるためには、エージェントの作業内容(チャットの有無)によって、出し分ける必要があるかも知れません。

コメントは受け付けていません。