Amazon Linux 2のEPELレポジトリを有効にする

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) リポジトリを利用して、標準リポジトリで利用できないパッケージをインストールしたいことがあります。

Amazon Linux 2(AL2) では、Amazon Linux Extras を利用すると EPEL レポジトリを簡単に利用できます。

$ sudo amazon-linux-extras install -y epel

EPEL レポジトリが追加されていることを確認します。

$ yum repolist
Loaded plugins: extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
repo id                    repo name                                  status
amzn2-core/2/x86_64        Amazon Linux 2 core repository                 15,213
amzn2extra-docker/2/x86_64 Amazon Extras repo for docker                       7
amzn2extra-epel/2/x86_64   Amazon Extras repo for epel                         1
epel/x86_64                Extra Packages for Enterprise Linux 7 - x8 12,587+150
repolist: 27,808

補足

Amazon Linux Extras は安定したオペレーティングシステムで新しいバージョンのアプリケーションソフトウェアを利用可能にする Amazon Linux 2 のメカニズムです。

Etras でインストール可能なソフトウェアやバージョンは不定期に更新され、いつのまにやら EPEL もインストールできるようになっていました。

$ amazon-linux-extras list
  0  ansible2                 available    [ =2.4.2  =2.4.6 ]
...
 24  epel                     available    [ =7.11 ]
 25  testing                  available    [ =1.0 ]
 26  ecs                      available    [ =stable ]

Amazon Linux 2 上で yum から EPEL をインストールしようとすると、この Amazon Linux Extras 方式のインストールへ誘導されます。

$ sudo yum install epel-release
Loaded plugins: extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
No package epel-release available.
Error: Nothing to do


epel-release is available in Amazon Linux Extra topic "epel"

To use, run
# sudo amazon-linux-extras install epel

Learn more at
https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/faqs/#Amazon_Linux_Extras

関連情報