[Amazon Pinpoint] 提供されている API 一覧

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Amazon Pinpoint は API が豊富

Amazon Pinpoint (以降 Pinpoint) は、セグメントされたプッシュ通知をモバイルアプリに送信するためのサービスです。いろいろな属性値をモバイルアプリから取得しておけば、その属性値を元にしたルールに適合するデバイスに絞り込み、プッシュ通知を送ることができます。また、プッシュ通知の効果測定も簡単に行える機能なども充実しています。

iOS アプリを対象に試してみた記事はこちらをご参照ください。

Pinpoint の特徴として API が充実している 点が挙げられます。Pinpoint のマネジメントコンソールからキャンペーン運用はできなくもなさそうではありますが、やはり実際に運用するとなると、別な方法でセグメント抽出を行ったり、結果を別な Web アプリで表示したりなどといったように、効果的に運用できるようにカスタマイズをしたいところです。Pinpoint は様々な API を提供しているので、そのようなことが実現しやすくなっています。

API 一覧

AWS CLI のコマンドをベースとした、Pinpoint の API の一覧です。これをそのまま AWS CLI から使うことができます。

API 概要
create-campaign キャンペーンを作成する
create-import-job インポートするジョブを作成する
create-segment セグメントを作成する
delete-apns-channel APNs の設定を削除する
delete-campaign キャンペーンを削除する
delete-gcm-channel GCM (FCM) の設定を削除する
delete-segment セグメントを削除する
get-apns-channel APNs の設定を取得する
get-application-settings アプリケーションの設定を取得する
get-campaign キャンペーンを取得する
get-campaign-activities キャンペーンのアクティビティ(スケジュール実行された内容など)を取得する
get-campaign-version キャンペーンの特定バージョンを取得する
get-campaign-versions キャンペーンのバージョン一覧を取得する
get-campaigns キャンペーン一覧を取得する
get-endpoint エンドポイント一覧を取得する
get-gcm-channel GCM (FCM) の設定を取得する
get-import-job インポートするためのジョブを取得する
get-import-jobs インポートするためのジョブ一覧を取得する
get-segment セグメントを取得する
get-segment-import-jobs セグメントをインポートするためのジョブを取得する
get-segment-version セグメントの特定バージョンを取得する
get-segment-versions セグメントのバージョン一覧を取得する
get-segments セグメント一覧を取得する
update-apns-channel APNs の設定を更新する
update-application-settings アプリケーション設定を更新する
update-campaign キャンペーンを更新する
update-endpoint エンドポイントを更新する
update-endpoints-batch エンドポイントバッチを更新する
update-gcm-channel GCM (FCM) の設定を更新する
update-segment セグメントを更新する

まとめ

沢山の API が用意されているので、活用の幅が広がります。今後は他のサービスとの具体的な連係方法などもご紹介する予定です。

参考