Amazon Redshift DB開発者ガイド – Welcome

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

以下の『入門ガイド』前後編エントリでは1からRedshiftに触れ、簡単なSQL文を実行してみたり結果を確認してみたり、という事を実践しました。

入門ガイド(Getting Started)の他にも公開されている『DB開発者ガイド(Database Developer Guide)』及び『管理ガイド(Management Guide)』についても、順次読み進め、実践&翻訳記録としてアウトプットして行こうと思います。

当エントリはその片方、『DB開発者ガイド』のトップページにあたる部分です。

目次

Amazon Redshiftはエンタープライズレベル、ペタバイト級のフルマネージドデータ・ウェアハウスサービスです。

このガイドは、データウェアハウスを作成し、管理するためにAmazon Redshiftを使う、と言う事に焦点を当てていきます。もしあなたがデザイナやソフトウェアエンジニア、ソフトウェア開発者、または管理者としてDBと連携するならば、このガイドはデータウェアハウスを構成するリレーショナルデータベースの設計、クエリの構築、維持のために必要な情報を提供します。

 

始めてAmazon Redshiftを使う方へ

もしあなたがAmazon Redshiftを初めて使う場合、以下のセクションを読む事から始める事をお勧めします。

  • サービスハイライトと料金について - プロダクト詳細ページではAmazon Redshiftの価値提案、サービスのハイライト、及び価格を解説しています。
  • 入門ガイド - Amazon Redshiftデータウェアハウスクラスタの作成、データベーステーブルの作成、データのアップロード、クエリーのテスト等のプロセスを順を追って説明していく例が含まれています。

もし入門ガイドを終えているのならば、以下のガイドを使い学ぶ事をお勧めします。

  • Amazon Redshift Cluster Management Guide:Amazon Redshiftのクラスター作成・管理について解説しています。
    • あなたがアプリケーション開発者であれば、プログラムでクラスタを管理するためにAmazon RedshiftのクエリAPIを使う事が出来ます。更に、Amazon Redshift APIの基本的な部分をラップしているAWS SDKライブラリはプログラミング作業を簡素化する事が出来ます。
    • もしあなたがクラスタ管理についてインタラクティブな方法を希望する場合は、Amazon RedshiftコンソールとAWSコマンドラインインタフェース(AWS CLI)を使う事が出来ます。API及びCLIの詳細については、以下のマニュアルを参照してください。
  • Amazon Redshift データベース管理者ガイド - (※ここで読み解いて行くドキュメント。)もしあなたがデータベース開発者であれば、このドキュメントでデータウェアハウスを構成するデータベースの設計、クエリの構築、維持する方法について学ぶ事が出来ます。

もしあなたが、他のリレーショナル・データベース・システムやデータウェアハウスアプリケーションからAmazon Redshiftへの移行を行なっている場合、両者間の重要な相違点に於いてAmazon Redshiftではどのように実装されているか注意を払う必要があります。データテーブルを設計し、ロードするための最も重要な考慮事項の概要については、以下のベストプラクティスに関する情報をご参照ください。

Amazon Redshiftは、PostgreSQL8.0.2に基づいています。Amazon RedshiftとPostgreSQLの違いに関する詳細な一覧については、Amazon Redshift and PostgreSQL - Amazon Redshiftをご参照ください。

 

DB開発者の方々へ

もしあなたがDB利用者、DB設計者、DB開発者、またはDB管理者の場合、以下の表で探しているものを見つける事が出来るかも知れません。

あなたがしたい事 お勧めする内容
Amazon Redshiftの利用を迅速に始める 直ぐにクラスタをデプロイし、データベースに接続し、幾つかのクエリを試す事が出来る入門ガイドから始めてみましょう。入門ガイドの内容を実践し終えたらここに戻ってきてください。
Amazon Redshiftデータウェアハウスの内部アーキテクチャについて学ぶ Amazon Redshiftの概要ページでは、内部アーキテクチャのハイレベルな概要を記載しています。Amazon Redshift Webサービスの広範な概要を知りたい場合は、プロダクト詳細ページを御覧ください。
データベース、テーブル、ユーザー、及びその他のデータベースオブジェクトを作成する Getting Started Using DatabasesはSQL開発の基礎について簡単に紹介しています。The Amazon Redshift SQLではAmazon RedshiftのSQLコマンドと関数、及びその他のSQL要素の構文・例を紹介しています。Best practices for designing tablesではソートキー、分散キー、及び圧縮エンコーディング選択に関する、我々のお勧めする手法の要約を紹介しています。
最適なパフォーマンスの為のテーブル設計方法を学ぶ Designing Tablesでは、表の列データに圧縮を適用したり、分布とソートキーを選択する際の考慮事項について言及しています。
データをロードする Loading Dataでは、Amazon DynamoDBのテーブルやAmazon S3バケットに格納されているフラットファイルから、大規模なデータセットをロードする際の手順について説明しています。また、Best practices for loading dataでは、迅速且つ効果的にデータをロードする為のヒントを提供します。
ユーザー、グループ、データベースセキュリティを管理する Managing Database Securityでは、データベースのセキュリティに関するトピックをカバーしています。
監視とシステムのパフォーマンスを最適化する System Tables Referenceでは詳細システムテーブルとデータベース及びモニタクエリ、及びプロセスのステータスを照会出来るビューについて言及しています。また、Amazon Redshift Management Guideで、バックアップシステムヘルス、モニターメトリクス等を管理し、クラスタを復元するためにAWS管理コンソールを使用する方法を学ぶ事が出来ます。
非常に大規模なデータセットからの情報を分析し報告する Amazon RedshiftはJapsersoftやMicroStrategyに使用を認定されており、追加のBIツールは直ぐに利用出来るようになるでしょう。SQL ReferenceではAmazon RedshiftがサポートするSQL式、コマンド、及び関数について詳細を解説しています。

 

前提条件

このガイドを使用する前に、以下のタスクを完了させておく必要があります。

  • SQLクライアントツールをインストール。
  • Amazon Redshiftのクラスタを起動。
  • SQLクライアントからクラスタデータベースへ接続。

ステップ・バイ・ステップの手順については、Welcome - Amazon Redshift ">入門ガイドを参照してください。

また、SQLクライアントの使い方を把握し、SQL言語の基本的な理解をしておく必要があります。

『Amazon Redshift DB開発者ガイド』その他のエントリ

当ドキュメントに関するその他のエントリについても、出来たものについては随時こちらにリンクを貼って行こうと思います。

参考資料