[AWS] エクスプローラから使える Windows PC 用 Amazon WorkDocs Drive を使ってみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

先日、Amazon WorkDocsのWIndows PC用クライアント、Amazon WorkDocs Driveのリリースがアナウンスされました。

Windowのエクスプローラから直接利用が可能ということで、早速使ってみました。

Amazon WorkDocs Driveを使ってみる

WorkDocsのセットアップ

まずはWorkDocsのアカウントをセットアップします。マネジメントコンソールから進みます。

今回はクイックスタートを選択して起動します。

必要項目を入力し、終了します。

あとはステータスが有効になるのを待ちます。特に迷う点はありませんね。

有効になったら準備OKです。

ちなみに、同時にDirectory ServiceのSimple ADも起動しています。

続いて、アカウントの設定です。管理者として設定したメールアドレスに、「Welcome to Amazon WorkDocs」という件名のメールが届いています。メールのリンクを選択します。

メールアドレスとパスワードを入力して、更新。

これでアカウントがアクティブになりました。

Amazon WorkDock Driveのインストール

続いて、Windows PCにWorkDocs Driveをインストールします。対応しているOSは以下です。

  • Windows 7、8、および10以降
  • Windows Server 2008、2012 R2、および2016

こちらのページから、ダウンロードリンクを選択します。

ダウンロードした、AWSWorkDocsDriveClient.msiを実行します。インストール後、再起動を求められますので、再起動します。

再起動後、自動でウィンドウが立ち上がりますので、指示に従ってURLと先に設定したメールアドレス、パスワードを入力していきます。

セットアップが正常にできると、ウィンドウが閉じますので、エクスプローラを開いて確認してみましょう。WorkDocsのドライブがマウントされているのがわかります。

試しに、大きめのファイルをコピーしてみました。通信環境によるでしょうが、50MB/sくらいのスループットは問題なく出るようです。

まとめ

以上、Windows エクスプローラと統合されたAmazon WorkDocs Driveを試してみました。

セットアップは非常に簡単にできますし、使用感も通常のネットワークドライブと同様に扱えます。手軽にクラウドストレージを利用する環境として、非常に扱いやすいサービスだと思います。