AWSのモバイルアプリ向けサービス・ツールが「AWS Amplify」に統合されました! #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS Amplifyはモバイルアプリ開発ツール・サービス群に進化しました

AWSのJavaScript向けフレームワークとして動き始めた「AWS Amplify」。これまで様々なアップデートが行われてきましたが、本日ついに モバイルアプリ開発ツール・サービスを統合するサービス・ツール群の総称 となり、全てのモバイルアプリ開発向けのサービス・ツールが1箇所に統合されました。

以下原文です。

The open source Amplify Framework provides an opinionated set of libraries, UI components, and a command line interface to build an app backend and integrate it with your iOS, Android, Web, and React Native apps. The Amplify Framework leverages a core set of AWS Cloud Services to offer capabilities including offline data, authentication, analytics, push notifications, bots, and AR/VR at high scale. The AWS Amplify developer tools include the AWS Amplify Console for building, deploying, and hosting web apps and AWS Device Farm for testing mobile apps on real iOS and Android devices.

AmplifyはJavaScriptのSDKから始まったわけですが、Amplify CLIによりクラウドリソースを作成できるようになったり、Amplify Consoleと言うマネジメントコンソールが提供されたり、Amplifyを主体とするモバイル向けのサービスが日に日に増えていきました。

そういった中で情報が分散していて最新の情報を見つけ出すことが困難であると言うフィードバックを受け、ドキュメントを含め全てを1箇所に集中させることに決めた、とのことです。

改めて「AWS Amplify」とは

AWS Amplifyはモバイルアプリ開発のための強力なフレームワーク・ツールセットです。その中には下図にある要素で構成されています。

Framework

従来のSDKとしてのAmplifyは「Amplify Framework」と言う位置付けになりました。

AWSサービスとの通信レイヤだけではなく、モダンなUIを構築するライブラリとしても機能します。

Cloud Services

モバイル向けのクラウドサービスがAmplifyを通して提供されます。

  • リアルタイム&オフライン同期が可能なAPIサービス
  • ユーザー認証基盤
  • 分析基盤
  • ボット
  • AR/VR

Developer Tools

モバイルアプリ開発を支えるツールとして、様々なツールが展開される予定です。

  • AWS Amplify Console : Webアプリの構築、デプロイ、ホスティングを行う
  • AWS Device Farm : モバイルアプリのiOSやAndroidの実機を使ったテストをクラウド上で行う

CLI (Command Line Interface)

上記のFramework / Cloud Services / Developer Toolsをコントロールするインターフェースとして機能します。

MobileHubはどうなるの?

AmplifyはMobileHubの技術を活かして成長してきたわけですが、完全にAmplify Frameworkに統合されます。MobileHubを使っているユーザーのための移行する必要があるとのことです。

これからはAmplifyとしてよろしくお願いします!

これからは AWSのモバイルアプリ開発と言えばAmplify! これだけ覚えておきましょう。

サイトがオープンする予定らしいのですが、まだ見れず。そのうち見れるようになるはず…です。