福岡でAWS認定試験をうけてきた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS事業部 梶原大使(ambasad)です。 日々、AWSの雲の中を進んでいますが、福岡オフィスでの勤務がはじまったこともあり、 AWS 認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト (SAA) を福岡の受験会場で、受けてきました。 会場までの道のりや、受験会場の雰囲気などをレポートしたいと思います。

AWSの認定試験では身分証明書は2つ必要です。2つ必要です。(大事なry

受験要綱、場所を確認し出発します。

※受験会場の写真は撮影許可を得て、撮影したものを掲載しています。

受験会場

Skywood Corporation (NT) (WBD)
福岡天神テストセンター
〒810-0041 福岡市中央区大名2-10-1 シャンボール大名A 1210

となります。

博多駅から地下鉄に乗って、市営地下鉄「赤坂」駅へ

現在(2018/3/8)のところ、九州で1会場ということもあり、博多駅へ来られる方も多いかと思うので 博多駅からの道のりを案内したいと思います。何はともあれ、地下鉄に乗って赤坂駅まで移動します。 (福岡空港からですと地下鉄に乗って博多駅を通り過ぎそのまま、赤坂駅までいけばよいです) 「博多」からの場合、途中で「天神」でおりそうになるのですが、ここはぐっと我慢して、もう1駅進み「赤坂」で下車します。 (誘惑に負けない人は天神からいけないこともないですが)  

 

赤坂駅から3番出口へ

改札口をでて、3番出口を目指します。

あっていれば、下のような景色がみえるとおもいます。そのまま、3分ほど歩きます。

 

受験会場のビル(シャンボール大名A)12Fへ

目的のビルにたどり着きますが、入り口は大通りには面していないので、ファミリーマートまで進み、左折します。

こちらが、会場のビルの入口となります。

ここまでこれれば、近くのカフェなどで、最終チェック等してもよいかもしれません。 腹ごなしチェックが終われば、いざ入口をはいり、エレベーターで12Fへ上ります。

立喰そば酒場すじ一 (クラウドの試験なので雲っぽいものを食べてみました。人によってはカツ丼もいいかもしれません)

福岡天神テストセンター

エレベータで12Fへ上がり、エントランスを左に進みます。オフィスビルではありませんので迷うかもしれませんが、 12Fを間違えなければ、このドアが見えるはずです。

勇気をだして、ドアを開けます。

こんな感じのおしゃれ空間(待合室です)が広がります。 受付を行い、身分証明書を提示して、説明をうけましたら、試験開始時間まで待機します。 受験時、左手のロッカーに電子機器類、カバンなどは預けます。

試験開始

がんばる。

試験終了

無事試験がおわり合格できましたら、近くのたいやき屋さんで、おめでたいやきを買って、自分にご褒美をあげましょう あと、残り4匹、噂ではさらに2匹食べれるらしいので、次も食べれるようにがんばります。

博多ひいらぎ(http://hakatahiiragi.com/

まとめ

会場までの道のりがちょっとわかりにくいかと思いましたので、受験会場までの道のりを紹介しました。 本ブログを見ていただき、無事に受験会場までいけましたら幸いです。ご武運を祈ります。

クラスメソッドでは、一緒にたい焼きを食べたいな AWSに興味があり、仕事がしたい、 また、ぜひ福岡オフィスでの仲間を募集しています。

紹介した人の欄があるので私の名前「梶原大使」と書いていただければ、たいやきを必ずおごりますので 合格して一緒に、たいやき食べましょう。