【新機能】AWS Marketplace for Containersがリリースされました! #reinvent

はじめに

AWS re:Invent 2018で行われたGlobal Partner Summit Keynoteで、AWS Marketplace for Containersが発表されました!リリース時点で160以上のコンテナ製品が登録されており、MarketplaceからAmazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargateに直接デプロイすることが出来ます。

やってみた

AWS Marketplaceのページを見ると、Deploy MethodsにContainersというリンクがありますので、こちらをクリックします。

するとコンテナ製品が表示されます。現時点で187もありますね。

例としてMySQLのページを見ると、Delivery MethodsがContainer、Supported Amazon ServicesがAmazon ECSとAmazon EKSと書いてあります。

[Continue to Subscribe]をクリックします。

Subscribe to this software画面に遷移しますので、[Accept Terms]をクリックします。

Subscribeが完了したら[Continue to Configuration]をクリックします。

Configure this software画面でFulfillment OptionとSoftware Versionを選択し、[Continue to Launch]をクリックします。

Launch this software画面に遷移します。[View container image details]をクリックします。

ここにDocker Imageの場所が記載されています。

あとはこれをPullすればコンテナイメージが使えます!

さいごに

オフィシャルにリリースされた信頼性のあるコンテナイメージを簡単に使えるというのは、ECS/EKSの導入においてとても役立つのではないでしょうか。