【レポート】Amazon Sumerian の概要 #reinvent #MCL211

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

MCL211: NEW LAUNCH! Introducing Amazon Sumerian - Build VR/AR and 3D Applications

ラスベガスで開催中の re:Invent 2017 にて「MCL211: NEW LAUNCH! Introducing Amazon Sumerian - Build VR/AR and 3D Applications」を聴講してきたのでレポートします。

1

スピーカー

  • Kyle Roche

バックグラウンド

  • コンシューマーやゲーミングスペースの AR / VR トラクション
  • プロフェッショナル向けのツール
  • ハードウェアの可用性向上
    • GPU / HMD コストの低下
  • ブラウザ技術の向上
    • Chrome / Firefox / Edge all supporting WebGL 2 / WebVR

2

利点

  • VR/AR/3D の専門知識は不要
  • プリロードされたビジネスシナリオのテンプレート
  • 生きているようなキャラクターがアプリケーションをガイド/ナレーションする
  • カスタマイズのために Visual State Machine や JavaScript がサポートされている
  • AWS サービスとの統合
  • WebGL をサポートする任意のプラットフォームにデプロイ

3

トレーニングコンテンツ

以下の URL から Sumerian について学ぶことができます。

https://docs.sumerian.amazonaws.com

初心者から上級者にかけて多くのチュートリアルが存在します。

4

API ドキュメントはこちら。

https://docs.sumerian.amazonaws.com/engine/latest/docs/index.html

5

デモ(アセットの選択と配置)

6 7 8

エディタ

9

  • Entities Panel
    • 画面左上
    • シーンに追加する全てのエンティティが表示される
  • Asset Window
    • 画面左下
    • インポートしたアセットが表示される
  • Canvas
    • 画面中央
    • シーンのすべてのコンテンツを表示、ナビゲート、検査、プレビュー、配置することができる
    • カメラビューを変更することも可能
  • Inspector Panel
    • 画面右
    • 選択されているエンティティを操作する

Sumerian Interface

Visual State Machine

10 11

デモ(AWS サービスとの連携)

こちらのデモでは CloudFormation のスタックを起動して、Cognito のフェデレーテッドアイデンティティプールを作成し、Sumerian のシーンから必要な権限が設定されているプールにアクセスして色々やる、みたいなことが行われていました。

12

Amazon Cognito Setup using AWS Cloudformation

デモ(テキストを喋るホスト)

入力されたテキストをごく自然にホスト(キャラクター)が話していました。

13 14

SSML 入門

  • テキストからスピーチを生成するのに役立つ
  • Amazon Polly は SSML をサポートし、以下をコントロールできる
    • 韻律
    • 休憩
    • 強調
    • 音素

5

感想

視覚的にわかりやすく、とても楽しいセッションでした。
チュートリアルはかなり量がありますが、一からやっていけば相当な知識が付きそうです。
興味のある方は プレビュー版 を申し込んでみてください。

リンク