【初心者向け】CentOS 7インスタンスの初期設定手順

210件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、虎塚です。

今回は、CentOS 7の公式AMIで頻繁に実施する初期設定の手順をまとめます。CentOS 7からSystemdが導入されたため、CentOS 6までと一部違う部分があります。

設定内容の目次

今回説明するのは、次の内容です。

  1. パッケージの更新
  2. ロケールとキーマップの変更
  3. タイムゾーンの変更
  4. 不要なサービスの停止
  5. Webサーバのインストールと起動設定
  6. OSファイアウォールの設定

「検証用途でちょっとWebサーバを立ち上げたい時」というユースケースを想定して、Webサーバのインストールと起動までを行います。

0. CentOSインスタンスの起動

CentOS wikiに、公式AMIへのリンクがあります。

「CentOS-7 x86_64」のURLをクリックして、リージョンに合ったAMIを選択します。今回は、ami-89634988を利用しました。

ここから先の手順では、起動したインスタンスにSSHログインして作業します。なお、CentOS 6と7のAMIでは、初期ユーザが異なりますので、気をつけてください。

  • CentOS 6: root
  • CentOS 7: centos
    • パスワードなしのsudoが可能

1. パッケージの更新

初期インストールされているパッケージを更新します。これは従来と同じですね。

$ sudo yum update

2. ロケールとキーマップの変更

システムロケールとキーボードレイアウトは、localectlコマンドで設定します。まず、現在設定されている値を確認します。

$ localectl status
   System Locale: LANG=en_US.UTF-8
       VC Keymap: us
      X11 Layout: us

次に、設定可能なロケールを確認します。

$ localectl list-locales
aa_DJ
aa_DJ.iso88591
aa_DJ.utf8
[...]
ja_JP.eucjp
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
[...]

ロケールの設定を変更します。ここでは、ja_JP.utf8に変更しました。

$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8

それから、設定可能なキーマップを確認します。

$ localectl list-keymaps
ANSI-dvorak
amiga-de
amiga-us
applkey
[...]
jp-dvorak
jp-kana86
jp106
[...]

キーマップの設定ファイルを変更します。ここではjp106に変更しました。

$ sudo localectl set-keymap jp106

最後に、変更後の値を確認します。

$ localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.utf8
       VC Keymap: jp106
      X11 Layout: jp
       X11 Model: jp106
     X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp

3. タイムゾーンの変更

タイムゾーンは、timedatectlコマンドで設定します。まず、現在設定されている値を確認します。

$ timedatectl status
      Local time: 水 2015-07-08 10:32:26 UTC
  Universal time: 水 2015-07-08 10:32:26 UTC
        Timezone: UTC (UTC, +0000)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

次に、設定可能なタイムゾーンを確認します。

$ timedatectl list-timezones
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
[...]
Asia/Tokyo
[...]

設定を変更します。今回は、Asia/Tokyoに変更します。

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

最後に、変更後の値を確認します。

$ timedatectl status
      Local time: 水 2015-07-08 19:34:23 JST
  Universal time: 水 2015-07-08 10:34:23 UTC
        Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

設定は即座に反映されます。

4. 不要なサービスの停止

サービスの管理は、systemctlコマンドで行います。まず、サーバ起動時に読み込みが有効になっているサービスを確認します。

$ systemctl list-unit-files --type service | grep enabled
auditd.service                         enabled
chronyd.service                        enabled
cloud-config.service                   enabled
[...]

上のサービス一覧から、不要なサービスの起動設定を無効にします。ここでは例として、postfixを停止してみましょう。

次に、停止するサービスの設定状態を確認します。

$ systemctl status postfix.service
postfix.service - Postfix Mail Transport Agent
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/postfix.service; enabled)
   Active: active (running) since 水 2015-07-08 15:31:08 JST; 4h 7min ago
 Main PID: 924 (master)
   CGroup: /system.slice/postfix.service
           ├─  924 /usr/libexec/postfix/master -w
           ├─  926 qmgr -l -t unix -u
           └─19126 pickup -l -t unix -u

enabledとあるので、サーバ起動時の読み込み有効になっています。また、active (running)とあることから、現在起動中であることが分かります。

対象のサービスを停止し、起動時設定を無効化します。

$ sudo systemctl stop postfix.service
$ sudo systemctl disable postfix.service
rm '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postfix.service'

最後に、変更後の状態を確認します。

$ systemctl status postfix.servicepostfix.service - Postfix Mail Transport Agent
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/postfix.service; disabled)
   Active: inactive (dead)

サービスは停止してinactive (dead)状態になり、読み込み設定も無効 (disabled) になりました。

同様の操作を、停止対象とするすべてのサービスに対して行います。

5. Webサーバのインストールと起動設定

今回はApache HTTP Serverを使用します。まず、標準リポジトリからhttpdをインストールします。

$ sudo yum install httpd
[...]
 httpd                  x86_64            2.4.6-31.el7.centos              base            2.7 M
依存性関連でのインストールをします:
 apr                    x86_64            1.4.8-3.el7                      base            103 k
 apr-util               x86_64            1.5.2-6.el7                      base             92 k
 httpd-tools            x86_64            2.4.6-31.el7.centos              base             79 k
 mailcap                noarch            2.1.41-2.el7                     base             31 k
[...]

次に、インストール直後のサービスの状態を確認します。

$ systemctl status httpd.service

httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled)
   Active: inactive (dead)

サービスは停止しており、起動時の読み込みも無効になっています。httpdを起動して、OSの起動時にも読み込まれるようにします。

$ sudo systemctl start httpd.service
$ sudo systemctl enable httpd.service
ln -s '/usr/lib/systemd/system/httpd.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service'

最後に、設定後の値を確認します。

$ systemctl status httpd.service
httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled)
   Active: active (running) since 水 2015-07-08 20:00:22 JST; 40s ago
 Main PID: 19361 (httpd)
   Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic:   0 B/sec"
   CGroup: /system.slice/httpd.service
           ├─19361 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           ├─19362 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
[...]

ここまでの設定を終えると、インターネットから80番でアクセスできます。ブラウザでhttp://(インスタンスのpublic IPアドレス)にアクセスして、Apache HTTP serverの初期ページが表示されることを確認します。

6. OSのファイアウォールの設定

CentOS 7では、ファイアウォールの設定をfirewalldで行います。AWSを使う 際、通常はインスタンスへのアクセス制御をSecurityGroupでおこないますが、場合によってはOSのファイアウォールを有効にしたいことがあるかもしれません。そんなときは、このステップで説明する設定が必要です。

まず、サービスの存在を確認します。

$ systemctl status firewalld
firewalld.service
   Loaded: not-found (Reason: No such file or directory)
   Active: inactive (dead)

firewalldは初期インストールされていないようですね。というわけで、インストールします。

$ sudo yum install firewalld
[...]
 firewalld                   noarch            0.3.9-11.el7                base            465 k
依存性関連でのインストールをします:
 ebtables                    x86_64            2.0.10-13.el7               base            122 k
 python-slip                 noarch            0.4.0-2.el7                 base             30 k
 python-slip-dbus            noarch            0.4.0-2.el7                 base             31 k
[...]

次に、firewalldの現在の状態を確認します。

$ systemctl status firewalld
firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled)
   Active: inactive (dead)

サーバ起動時の読み込み設定はあります (enabled) が、サービス自体はまだ起動していません (inactive)。そこで、firewalldを起動します。

$ sudo systemctl start firewalld

起動後の状態を確認します。

$ systemctl status firewalld
firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled)
   Active: active (running) since 水 2015-07-08 20:13:36 JST; 1min 27s ago
 Main PID: 19476 (firewalld)
   CGroup: /system.slice/firewalld.service
           └─19476 /usr/bin/python -Es /usr/sbin/firewalld --nofork --nopid

firewalldが起動するとOSファイアウォールが有効になり、ステップ5でインストールしたHTTPサーバにインターネットから繋がらなくなります。再びアクセスできるようにするために、次の設定を行います。

firewall-cmdコマンドで、現在のファイアウォールの設定を確認します。

$ firewall-cmd --list-all
public (default)
  interfaces:
  sources:
  services: dhcpv6-client ssh
  ports:
  masquerade: no
  forward-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:

servicesの行に注目します。ここにhttpがないということは、80番ポートが開いていません。ファイアウォールに80番ポートを開く設定を追加します。

$ sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http --zone=public
success

サーバを再起動しても設定が消えないように、--permanentオプションをつけるのがポイントです。

次のコマンドを実行して、設定を反映します。

$ sudo firewall-cmd --reload
success

最後に、設定後の値を確認します。

$ firewall-cmd --list-all
public (default)
  interfaces:
  sources:
  services: dhcpv6-client http ssh
  ports:
  masquerade: no
  forward-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:

servicesの行にhttpが追加されました。

これで再び、インターネット経由で80番ポートにアクセスできるようになりました。

おわりに

CentOS 7の初期設定でありがちな設定手順をまとめました。不要なサービスは停止する、不要なポートは開けないなど、CentOSのセキュリティ設定はしっかりせんとですね。

それでは、また。

参考文献

日本語のCentOS関連書籍をご紹介します。いずれも業務のために本屋で厳選して自分で購入しました。

  • 馬場俊彰:『15時間でわかるCentOS集中講座』,技術評論社,2015.3.
    • この本は初心者の大きな助けになると思われます。Linuxサーバ上で作業するときの作法にまで言及されていて感心しました。
  • 古賀政純:『CentOS 7実践ガイド』,インプレス,2015.2.
    • 上の本で足りない情報があればこちらで補いましょう。
  • 中島能和:『Linuxサーバーセキュリティ徹底入門』,翔泳社,2013.10.
    • 少し前の本なのでCentOS 6がベースですが、基本的な考え方は同じで、参考になります。