EC2のStandard RIとConvertible RI比較【2017年12月版】

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2017年12月版のStandard RIとConvertible RIの比較エントリーです。2017年7月に私は以下のエントリーを作成しStandard RIとConvertible RIの機能比較を行いました。

【社内勉強会】EC2のConvertible RIについて

ですが2017年11月にConvertible RIに以下のアップデートがあり、機能比較の内容が古くなったため今回のエントリーを作成しました。

Amazon EC2 コンバーティブル RI - 1 年契約での利用が可能になり、分割とマージをサポート

機能比較表

2017年11月のConvertible RIのアップデートで契約期間とRIの分割とマージについてはStandard RIとConvertible RIで差がなくなりました。Convertible RIはRIの交換ができるというのがメリットであり、その代わりにStandard RIよりも値引率が低く設定されています。

機能 Standard RI Convertible RI 備考
契約期間 1 年または 3 年 1 年または 3 年 差がなくなった
お支払い方法 All Upfront / Partial Upfront / No Upfront All Upfront / Partial Upfront / No Upfront インスタンスタイプによって異なる
キャパシティ予約 可能 可能 スコープをAvailability Zoneにする必要がある
インスタンスサイズの柔軟性 可能 可能
RIの分割とマージ 可能 可能 差がなくなった
RIの交換 不可能 可能
マーケットプレイスでの販売 可能 不可能 販売者登録が必要
従量制割引 対象 対象外 「Windows および SQL Server」とマーケットプレイス購入分はStandard RIでも対象外

最後に

今回のConvertible RIの機能強化によって、まとめて複数のConvertible RIを購入して、その後一部を分割してその一部を交換できるようになるため、Convertible RIの運用がしやすくなったと思います。また、1年のConvertible RIも出たので買いやすくなったかと思います。参考になれば幸いです。