[レポート] Create Immersive Experiences Using Amazon Sumerian #reinvent #ARV204

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

タケダノです。

Amazon Sumerianの話を聞いてきました。

 

概要

Anyone can create and publish augmented reality (AR), virtual reality (VR), and 3D applications quickly and easily with Amazon Sumerian. In this session, learn how to use Sumerian to build a scene that can be published and viewed on laptops, mobile phones, VR headsets, and digital signage. Take a tour of the Sumerian interface, and learn how to build a scene, add assets and hosts, and add behaviors to create dynamically animated objects and characters in an AR/VR experience. Also see how Sumerian integrates into AWS services such as Amazon Polly, Amazon Lex, AWS Lambda, Amazon S3, and Amazon DynamoDB.

 

スピーカー

Kyle Roche - GM, AWS AR/VR, AWS

Jake Smeester - Content Creative Specialist, AWS

 

内容

「没入感のある体験をAmazon Sumerianを使って作り出す」ということでAR/VRのお話でした。

 

アジェンダ

・なぜ私たちはAmazon Sumerianでビルドするのか?

・Amazon Sumerianで、どんな新しいことが出来るのか?

・デモンストレーション

 

と、その前に、「AR/VRの時代が来ています」

で、そのことを知っているから、この会場に来ているのです。

私たちはこの手の変容を以前にも見た事があるはずです。

投資と成長:クラウドへシフトすることからの学び

XRの世界を始めましょう

クラウドありきの素材が使えるアプローチ

 

非常に簡単ですし、音声をPollyに読み上げさせる事も出来ます。

一度作ってしまえば、利用は何度でも出来ます。

間取りの計画にも使えます

視覚的な補助としてAR/VRを活用することも出来ます

ARを使ったスパイダーマンアプリの紹介

 

Amazon Sumerianの新機能

・AWS Amplify Integration

・VR Controller Asset Pack

・New Hosts

・Animations as Assets

・Japanese Language Support

・Multi-User Sharing

・Sumerian for ML (labs)

 

デモンストレーション

というわけで後はデモの時間となりました。

デモで使われたバーチャル空間はこちらから

https://0ac060bbacd94aa4984b7feee3906d96.us-west-2.sumerian.aws/?

簡単にバーチャル空間が作れます。

実際にデモでパーツを置いて、電車を動かすところまでやってお手軽さをアピールしていました。

 

個別のデータを先に作っておいて、フィールドにドラッグアンドドロップすれば設置できるし、さらにキャラクターにしゃべらせる言葉を入力すればPOLLYで発声も出来ます。

“Hello my name is Maya, I am Sumerian host.”

回転させても、顔は画面を追従するように作ることも出来るようです。

 

隣に座っていたインド人のおじさん的には結構ツボだったようで、終始感嘆の声をあげていました。

 

最後に

いかがでしたか。

Sumerianを使ってAR/VRなどのシステム構築をお考えの際には是非クラスメソッドへご連絡ください。

担当者が誠意を持って対応をさせていただきます。