「料金を制覇する者は全てを支配する、王者への誘い」#jawsdays – JAWS DAYS 2014 参加レポート Vol.14

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、大場です。

入社して早1ヶ月半、ひたすら見積を作ってきた私にとって試練ともいれるセッション「AWS料金体系グランドマスター王者決定戦〜料金を制覇する者は全てを支配する、王者への誘い〜」全力で参加してまいりました。もちろん狙いは優勝。自身の集大成!すべてをぶつけるつもりでセッションに望みました。

2014-03-17 21.59.32

スタート!

講演者

  • 株式会社ディー・ワークス:西島 幸一郎さん
  • 株式会社サーバーワークス:小室文さん

セッション概要

事前に資料や動画が公開されるほど熱が入ったこのセッション。
以下の2枠で実施されました。

1) 料金を制覇する者は全てを支配する、王者への誘い (14:00~)

AWSの基本料金体系について、また個々の基本サービスの料金体系について 学び練習問題も行います。(1)枠目の資料は "事前公開" されていますので 事前に予習をしておく事で、2枠目の本戦に参加する事も可能です。

2) 全てを支配する覇者は誰だ (15:00~)

グランドマスター決勝戦です。 ウェブでの決勝戦になりますので最悪別のセッションに居ながらの参加も可能です。 もちろん現場に居た方が盛り上がる事間違いありません、 初代王者には授与式も行われます!

料金を制覇する者は全てを支配する、王者への誘い

上述のとおり、事前に資料が公開されていました。

"セッション概要"

"料金資料"

資料には、サービス別に料金表が記載されているだけではなく、課金箇所が絵になっています。
特にデータ転送については、料金が複雑なので絵になっているととても参考になります。

本セッションでは、この資料をベースに課金のくわしい説明がありました。

全てを支配する覇者は誰だ

問題は以下のとおり、全4問(時間の関係で1つカット)

  • RDS の金額算出問題
  • 2層構成金額算出
  • Route53 ヘルスチェック金額算出
  • Raid0 金額算出

それぞれの問題は、計算時間が5分〜10分設けられており計算結果を Web から投票する仕組みです。

最終的には「各問題の正解金額の合算」と「自身の回答の合算」を比較して差が小さいほうが優勝へと近づきます。小室さんからもありましたがゴチになりますシステムです。問題は後日アップされるとのことです(見つけ次第アップします)。

王者決定戦開始!

制限時間内に答えを計算して投稿します。
それぞれの問題で、間に答え合わせをはさみながら進みます。

ん、ん、、汗。

近い値がでているもののどうも正解と私の計算結果にズレが。。とここでルールを見ると。

1ヶ月は31日で計算
リージョンは東京
OS は Linux
ディスクIO は計算しない
タイプの変更は 00:00に実行
反する場合は明記します

計算には "コスト計算ツール" を使ったのですが、、、 そもそもコスト計算ツールって 30日?31日?あれっ?
ということで、試験の途中で気がついたのですがコスト計算ツールの1ヶ月費用って31日ではなく、およそ30.5日のようです。

まずい。。

結果

 

 

 

大場、アウト。

まとめ

大場は1位をとることができませんでした。がとても楽しめました。1位になれなかったのが悔しいです。セッションの途中で

2014-03-17 21.59.54

とありましたが個人的にはとても楽しめました。西島さん、小室さん、本当にお疲れ様でした!

実際は大場は何位だったのかものすごく気になったのですが、真実は神のみぞ知る。