[速報] Lambda開発向けのVS Code拡張機能が公式提供されました! #reinvent

183件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

おつかれさまです。サーバーレス開発部の新井です。

AWS re:Invent2018のKeynote2日目に AWS Toolkits for PyCharm, IntelliJ (Preview), and Visual Studio Code (Preview) が発表されました!

https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-aws-toolkits-for-pycharm-intellij-preview-and-visual-studio-code-preview/

普段のLambda開発にVS codeを利用している自分にはかなり嬉しい発表です!開発捗りそう!

昨年のキーノートでのCloud9の発表やLambdaへの統合で、Lambdaの開発環境の選択肢は広がりつつあったのですが、ここに来てかなり自由度が上がりましたね。

VS Codeの他にも

  • PyCharm
  • IntelliJ(Preview)

での提供があるようです。

なにができるのか?

サーバレスアプリケーション開発を効率的に行える拡張機能が追加できます。

  • ステップスルーのデバッグ
  • Lambda関数のローカル実行
  • S3やAPI Gatewayなどのイベントソースからサンプルペイロード
  • 各AWSリージョンにデプロイ

あくまでもプレビュー版ですが、さっそくGitHubリポジトリにインストール方法が掲載されていますね!

https://github.com/aws/aws-toolkit-vscode

まとめ

まだ、プレビュー版ということなので本番環境での利用はまだ控えたほうがよさそうです。

足りない機能や不具合はissueやプルリクあげてくれ!とのことです。

以上現地からの速報でした!