[新機能] Amazon EC2のストレージ最適化インスタンス「H1」が利用可能になりました #reinvent

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWSチームのすずきです。

re:Invent2017開催中の本日、Amazon EC2ストレージ最適化インスタンス「H1」がリリースされました。

同日リリースのあった汎用インスタンス「M5」に続き、「H1」の起動も試す機会がありましたので、レポートします。

[新機能] Amazon EC2の汎用インスタンスM5が利用可能になりました #reinvent

「H1」インスタンスのスペック比較

タイプ名 vCPU数 メモリ(GiB) ローカルストレージ 割り当てネットワーク帯域幅 オンデマンド価格(オレゴンリージョン、1時間 *1)
h1.2xlarge 8 32 2TB Up to 10Gbps $0.55
h1.4xlarge 16 64 4TB Up to 10Gbps $1.1
h1.8xlarge 32 128 8TB 10Gbps $2.2
h1.16xlarge 64 256 16TB 25Gbps $4.4

インスタンスファミリーの比較

「h1.2xlarge」を基準として、類似のストレージ最適化インスタンスの比較を試みました。

タイプ名 vCPU数 メモリ(GiB) ローカルストレージ 割り当てネットワーク帯域幅 オンデマンド価格(オレゴンリージョン、1時間)
h1.2xlarge 8 32 1 x 2000 HDD Up to 10Gbps $0.55
i3.2xlarge 8 61 1 x 1900 NVMe SSD Up to 10Gbps $0.624
d2.xlarge   4 30.5 3 x 2000 HDD $0.69
d2.2xlarge 8 61 6 x 2000 HDD $1.38

AWSコンソール

  • 2017年11月現在、オレゴン、バージニア、アイルランドのリージョンで、ストレージ最適化インスタンスとして「H1」の選択が可能になりました。

確認

以下のAMIで起動したAmazon Linux環境で確認してみました。

  • リージョン : オレゴン(us-west-2)
  • AMI : Amazon Linux AMI 2017.09.1 (HVM), SSD Volume Type (ami-bf4193c7)
  • インスタンスタイプ : h1.xlarge

dmesg

$ dmesg | less

[    0.000000] Linux version 4.9.62-21.56.amzn1.x86_64 (mockbuild@gobi-build-64013) (gcc version 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-11) (GCC) ) #1 SMP Thu Nov 16 05:37:08 UTC 2017
[    0.000000] Command line: root=LABEL=/ console=tty1 console=ttyS0 selinux=0 nvme_core.io_timeout=4294967295
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x001: 'x87 floating point registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x002: 'SSE registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x004: 'AVX registers'
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[2]:  576, xstate_sizes[2]:  256
[    0.000000] x86/fpu: Enabled xstate features 0x7, context size is 832 bytes, using 'standard' format.
[    0.000000] x86/fpu: Using 'eager' FPU context switches.
[    0.000000] e820: BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000000000-0x000000000009dfff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000000009e000-0x000000000009ffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000000e0000-0x00000000000fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000100000-0x00000000efffffff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fc000000-0x00000000ffffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000100000000-0x000000080fffffff] usable
[    0.000000] NX (Execute Disable) protection: active
[    0.000000] SMBIOS 2.7 present.
[    0.000000] DMI: Xen HVM domU, BIOS 4.2.amazon 08/24/2006
[    0.000000] Hypervisor detected: Xen
[    0.000000] Xen version 4.2.
[    0.000000] Xen Platform PCI: I/O protocol version 1

OSが認識するハイパーバイザーとしては「Xen」ベースのものが利用されていました。

CPU

  • 「/proc/cpuinfo」の内容を確認しました。
$ cat /proc/cpuinfo
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 79
model name	: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2686 v4 @ 2.30GHz
stepping	: 1
microcode	: 0xb000021
cpu MHz		: 2300.082
cache size	: 46080 KB
physical id	: 0
siblings	: 8
core id		: 0
cpu cores	: 4
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch fsgsbase bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid rdseed adx xsaveopt
bugs		:
bogomips	: 4600.10
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

CPUのモデル名はIntel(R) Xeon(R) CPU E5-2686 v4。「R4」インスタンスと同じ型番でした。

インスタンスストア

  • 「/dev/xvdb」として2TBのストレージが認識した事を確認できました。
$ lsblk
NAME    MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0    8G  0 disk
└─xvda1 202:1    0    8G  0 part /
xvdb    202:16   0  1.8T  0 disk
  • 簡易性能測定により、約200MB/secを確認できました。
$ sudo hdparm -t /dev/xvdb

/dev/xvdb:
 Timing buffered disk reads: 596 MB in  3.00 seconds = 198.64 MB/sec

まとめ

今回リリースされた「H1」インスタンス、「D2」との比較では、ローカルストレージの容量より、CPU、ネットワーク、IOの性能を優先する事が望ましい場合には、 「H1」の採用が望ましいと思われます。

また、TB単位のストレージを廉価に利用するために、敢えてインスタンスストアとしてHDDを搭載した「M1」「M2」など古い世代のインスタンスを利用している場合にも、仮想化方式の変更に伴うAMIの変更(PV→HVM)が必要となりますが、「H1」への切替をご検討頂ければと思います。

参考

EC2 新インスタンスタイプ R4 のネットワークパフォーマンスを調べてみた

脚注

  1. 課金は秒単位です