[速報]Kinesis Data AnalyticsでJavaがサポートされました! #reinvent

先程、公式ブログにてKinesis Data AnalyticsでJavaのサポートされた事が発表されました!!

Kinesis Data Analyticsとは

Kinesisに貯めたストリーミングデータをリアルタイムに処理できるサービスです。

今まではSQLでしか実行できませんでしたが今回のアップデートでJavaで動かせるようになりました。

アップデートの内容

Javaのランタイムをサポート

実行に必要なライブラリ

実行方法

  1. Javaアプリケーションをローカルでビルド
  2. jarファイルをS3バケットにアップロード
  3. Data Analyticsでランタイムに「Flink1.6」を選択してアプリケーションを作成
  4. アプリを実行

料金体系

Javaアプリの場合、アプリごとにAmazon Kinesis Processing Unit(KPU)が1つ追加されるためKPUの時間単位の課金、アプリケーションストレージの実行、アプリケーションのバックアップで課金されます。

  • KPU(時間あたり0.11ドル)
  • アプリケーションストレージの実行(GB/月は$0.10)
  • アプリケーションのバックアップ(GB /月は$ 0.023

参考

AWS News Blog Kinesis Data Analytics