[C5/M5] Nitro世代EC2インスタンスのEBSスループットが向上しました

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

地味ですが、うれしいアップデートがありましたので紹介します。

Nitroハイパーバイザーを採用した新しい世代のEC2インスタンスタイプである、C5/M5インスタンスの、EBSパフォーマンスが向上しました。

EBSのスループット(帯域幅/IOPS)は、EBS自身の性能の他にEC2側のインスタンスタイプによっても上限が設定されています。今回、C5/M5インスタンスにおける最大スループット(帯域幅/IOPS)が拡張されました。

C5/M5のEBSスループット

インスタンスタイプごとのEBSスループットは以下のドキュメントに記載されています。

本記事執筆時点では日本語記事には未反映(拡張前の値となっています)でしたので、拡張後のスループットはEnglish表記で確認できます。今回拡張された、C5/M5インスタンスの拡張前後のスループットは以下の通りです。また、先日登場したばかりの同じNitro世代のメモリ最適化インスタンスである、R5のものも参考に記載します。

インスタンスタイプ 最大帯域幅(拡張前) 最大帯域幅(拡張後) 最大IOPS(拡張前) 最大IOPS(拡張後)
c5.large/c5d.large ※ 2,250 Mbps 3,500Mbps 16,000 20,000
c5.xlarge/c5d.xlarge ※ 2,250 Mbps 3,500Mbps 16,000 20,000
c5.2xlarge/c5d.2xlarge ※ 2,250 Mbps 3,500Mbps 16,000 20,000
c5.4xlarge/c5d.4xlarge 2,250 Mbps 3,500Mbps 16,000 20,000
c5.9xlarge/c5d.9xlarge 4,500 Mbps 7,000Mbps 32,000 40,000
c5.18xlarge/c5d.18xlarge 9,000 Mbps 14,000Mbps 64,000 80,000
m5.large/m5d.large ※ 2,120 Mbps 3,500Mbps 16,000 18,750
m5.xlarge/m5d.xlarge ※ 2,120 Mbps 3,500Mbps 16,000 18,750
m5.2xlarge/m5d.2xlarge ※ 2,120 Mbps 3,500Mbps 16,000 18,750
m5.4xlarge/m5d.4xlarge 2,120 Mbps 3,500Mbps  16,000 18,750
m5.12xlarge/m5d.12xlarge 5,000 Mbps 7,000 Mbps 32,500 40,000 
m5.24xlarge/m5d.24xlarge 10,000 Mbps 14,000Mbps 65,000 80,000
r5.large/r5d.large ※ - 3,500Mbps - 18,750
r5.xlarge/r5d.xlarge ※ - 3,500Mbps - 18,750
r5.2xlarge/r5d.2xlarge ※ - 3,500Mbps - 18,750
r5.4xlarge/r5d.4xlarge - 3,500Mbps - 18,750
r5.12xlarge/r5d.12xlarge - 7,000 Mbps - 40,000 
r5.24xlarge/r5d.24xlarge - 14,000 Mbps - 80,000

※ 記載のインスタンスはバーストパフォーマンスとなるため、24時間のうち最大で30分間、最大パフォーマンスを維持できます。

新しく登場したR5のパフォーマンスに合わせる形で、C5/M5のEBSスループットが向上したようです。

さいごに

EBSとのIOパフォーマンスについて、EBSの性能だけでなくEC2側のインスタンスタイプによる上限があることは意外と盲点だったりします。

また、高いスループットを求めるケースでは、CPU/メモリが十分でもインスタンスタイプを上げざるを得ないことがあります。今回のアップデートにより、小さいインスタンスタイプでも最大スループットが向上しました。高いIO性能を求められる環境では、現状からインスタンスタイプを下げたり、最新世代のインスタンスタイプに変更することでコストダウンできる可能性もありますので、ご検討の価値はあるでしょう。