AWS re:Invent 2016サバイバルガイド #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

今年のAWS re:Invent 2016は11月29日(月)から。この日が移動日となり、現地時間の11月29日(月)昼にラスベガス到着となります。既に準備したりスケジュールを立てたりしている人も多いと思いますが、ノープランの皆さんの為に、僕の知見をまとめました。

ラスベガスの気候

2015年の気温

2015年のこの時期のラスベガスの気温は以下の通り(AccWeacherより)

11月29日 11月30日 12月1日 12月2日 12月3日 12月4日 12月5日
最高気温 10℃ 10℃ 12.8℃ 15℃ 15℃ 15.5℃ 15.5℃
最低気温 -0.6℃ -0.6℃ 0℃ 1.1℃ 2.2℃ 2.8℃ 3.3℃

北海道よりは暖かいものの、東京よりは寒いです。

2016年の予想気温

では来週の予想気温はというと、以下の通り(weather.comより)

11月28日(月) 11月29日(火) 11月30日(水) 12月1日(木) 12月2日(金)
予想最高気温 14℃ 13℃ 12℃ 12℃ 12℃
予想最低気温 5℃ 2℃ 3℃ 3℃ 2℃

最高気温は東京と同等ですが、最低気温が東京より低いです。ホテルはきっちりと暖房が効いていますが、屋外はもちろんのこと、カンファレンス会場・セッション会場・展示会会場などは、少し暖かい服装のほうが良いでしょう。

なお、幸いなことに雪や雨の予想はなく、晴れまたは曇りとなるようです。積雪も無いようですので、スニーカーで問題無いでしょう。

ラスベガス観光

ここではAWS re:Invent参加中に行ける程度のエリアに絞ってご紹介します。何故ならAWS re:Invent期間中はセッションに出たりディスカッションしたりブログ書いたりで遊んでる暇はほとんど無いからです。

カジノ

カジノは全てのホテルにありますので、AWS re:Inventの会場になっているThe Venetianはもちろん、ジャパンツアーの宿泊先であるThe PalazzoにもTreasure Islandにもあります。お好きな方はご自由に!

注意点として、カジノエリアは原則写真撮影禁止です。またカジノスペースで遊んでいる時にカクテルウェイトレスさんが運んで来てくれるドリンクは無料で頂けます(チップは必要)が、もちろん遊んでないと頂けません。ドレスコードはありませんので、短パンTシャツで遊んでいる方もよく目にします。

The Venetianのショッピングモール「Grand Canal Shoppes

The Venetianの名が示す通り、ショッピングモールはベニス運河を見立てており、川が流れています。また天井は空のペインティングがされて開放感があります。有名ブランドショップもたくさん入っていますので、買い物をせずとも散歩するだけで楽しいです。

10432558_689320014509440_2812552744008181357_n

どうしても出汁が食べたくなったら「Noodle Asia

AWS re:Invent中に出てくる朝食も昼食も美味しいのですが、それでもやっぱり出汁が食べたくなったら、The Venetian 1階にあるNoodle Asiaがオススメです。ジャパンツアー参加者には毎年御用達のこのお店、しっかり出汁の味がする中華麺やおかゆなどが頂けます。お値段もそれなりにリーズナブル。毎晩日本人の溜まり場になっています。

10731082_688901691217939_4383164131036310532_n

Pub Crawl中のイチオシ「Madame Tussauds」

今年のAWS re:Inventでも、様々なスポンサーが店を貸し切って行うハシゴ可なパーティ「Pub Crawl」が開催されます。その中でもイチオシなのが毎年Evident.ioがスポンサーとなっているMadame Tussauds。マダムタッソー自体は東京にもあるのですが、Las Vegasはまた一味違います。4Dが楽しめる劇場も設置されていて迫力のあるショートムービーまで観れちゃうんです。

何かいい写真無いかなと思ったのですが、ちょっと尊厳が失われそうだったので、ぜひ皆さん自身が体験してきてください。

Bellagioの噴水ショー

映画「オーシャンズ11」のラストシーンでも取り上げられた、ホテルBellagioの無料アトラクション、噴水ショー。Bellagio前の湖を模した池で、1000機を超える噴水がBGMに合わせて舞い上がります。深夜0時まで、15分または30分おきに開催されますので、お時間があれば是非。壮観ですよ。

10364153_690332224408219_109517818008269273_n

ショッピングモール「The Forum Shops

ホテルCaesars Palaceに隣接するショッピングモール。ローマの街並みをイメージしたモール内は豪華絢爛で、Grand Canal Shoppesと同じように天井は空色にペイントされています。

12141147_855542807887159_763366344618993880_o

ここにはApple Storeがありますので、是非アメリカでiPhone買いたいんだ!といった勢にはオススメです。

ショッピングモール「Fashion Show

The Venetianから徒歩だと20分くらいかかっちゃうのですが、超ビッグなショッピングモール「Fashion Show」があります。外観はほぼ宇宙船。

1939967_690159361092172_7731600442310430966_n

ここには日本では見かけ無いMicrosoft Shopがあり、Surfaceを始め最新のマイクロソフト製品が展示・販売されています。アメリカにおけるマイクロソフトの立ち位置や姿勢がわかって面白いスポットです。

Las Vegasで最も高いスポット「Stratosphere Tower」

夜景を楽しむのであればココ!高さ350mとラスベガスでは最も高いスポットです。

10441066_690334677741307_6971191138169746864_n

有料エレベーターで上った先には展望台の他に絶叫系アトラクションがあります。2014年にクラスメソッドメンバーでアトラクションにチャレンジしましたが超楽しかったです。ただしバンジージャンプだけは誰もチャレンジしませんでした。

謎ホテル

ラスベガスにはコンセプトが謎なホテルがたくさんあります。例えばLuxor Hotelにはスフィンクスとピラミッドが。このピラミッド自体がホテルになっています。

10447144_690333744408067_7657669115267844916_n

Parisにはエッフェル塔が。ちょっと小さいです。

10801975_690330637741711_7214355989542063654_n

New york New Yorkには自由の女神が。これもミニサイズ。

10264429_690332894408152_126841248671789866_n

このような謎ホテルを見て回るだけでも壮観です。

AWS re:Inventの持ち物

服装

パーカー カンファレンスやセッション会場は寒い為、少し厚手のものが良いです。疲れて少し眠りたい時にもフードを被ることで寝顔を見られる心配が減ります。
Tシャツ 毎日長丁場になるので出来るだけ楽な服装で。ただしTシャツは展示会場でたくさんもらえるので最低限で大丈夫です。
飛行機で羽織るもの 国際便はとにかく寒く、厚手の羽織るものが無いとゆっくり眠れませんし、風邪を引いちゃいます。起毛のパーカーなどがあると良いです。
楽なズボン 10時間近いフライトでジーンズは辛いので、スウェット生地のような楽なズボンがあると良いでしょう。
楽な靴 フライト中も、あるいは滞在中の室内でも、スリッパ代わりに使えるような靴があると楽です。

手荷物

財布(現地用) ドルとクレジットカードを入れて持ち歩く用。特に$1はチップでよく使うので多めに持っていた方が良いです。
財布(国内用) 国内にいる間に使うほう。不要なカードや現金はこちらに入れておいて、現地用と分けておいたほうが便利です。
パスポート とにかくこれを忘れてはダメ。
Eチケット(印刷) とにかくこれも忘れてはダメ。
日程表 ジャパンツアーの方は日程表が来ているはずなので、折りたたんで持ち歩いていると、急に困った時にも役立ちます。
モバイル充電器 モバイルデバイスが充電切れると友人や同僚に連絡が付かなくなっちゃいますので是非持って行きましょう。ブログを書く上ではMacBookを充電出来るほど大容量のものがあると尚ベターですね。
充電ケーブル モバイルデバイスもMacBookもこれが無いとタダの文鎮。現地で購入すると高くつきますので忘れ無いように。
カメラ スマートフォンでシャッター音を鳴り響かせるのはスマートじゃありませんし、他の参加者に迷惑になりますので、出来ればカメラを持っていくと良いです。僕はNikon D40に200mmのレンズを付けて持って行きます。スマートフォンの場合はシャッター無音アプリを入れておきましょう。
PC これを忘れると何の為に行ったのか分かりません。
Kindle Fire 紙の書籍を持参すると重たいですが、電子書籍だと荷物にならずに本が読めます。
アイマスク 航空機内でぐっすり寝る為にはアイマスクがあると良いです。航空会社によってはおまけでくれるところもあります。
ネックピロー 人間の頭は大変重たいものなので、首や肩に変な負担がかからないよう、ネックピローを持参すると良いでしょう。
のど飴 航空機やホテルなど、乾燥する空間が多いので、喉を傷めないように。
マスク この時期インフルエンザにでもなったら大変です。航空機内で眠る時も、ヨダレを垂らしてもマスクしてればバレません。乾燥対策にもなります。

薬等

睡眠導入剤 これは適時必要に応じて。時差ぼけを無理やり解消する為に使います。用量用法を正しくお使いください。
ロキソプロフェン系 頭痛腹痛歯痛から捻挫骨折に至るまで、とりあえず痛いものをなんとかしてくれる薬。海外の病院に行くとべらぼうな医療費がかかるので、滞在期間中はこれで乗り切って帰国してからゆっくり通院することが出来ます。
腹痛薬 知らない土地や場所にいくと緊張してお腹が痛くなりますよね?折角の貴重な時間をトイレで潰すのは勿体ないので、用意しておくと良いです。
胃腸薬 毎晩アルコールを消化すると胃腸も疲れます。
カロリミット アメリカの食事の三大要素は「甘い」「しょっぱい」「デカい」なので、そのカロリー負担を少しでも軽減したい貴方に。効果のほどは分かりません。

スーツケース

フォーマルな服 AWS re:Invent自体はカジュアルな服装で参加できますが、いつフォーマルなミーティングが入るか分かりません。ジャケットくらいは持って行った方が良いです。
電源タップ ホテルの部屋に戻ると充電しなくてはならないものがたくさんあります。PC、モバイルデバイス、カメラ、バッテリー...その為の電源口は部屋には用意されていませんので、電源タップを持参すると良いです。コンセント形状は日本と一緒。
パジャマ 相部屋なのにパンツ一丁でうろうろするわけにいかないですし、部屋も寒いことが予想されますので、暖かいパジャマがあると良いです。
その他下着類 無いと社会的に死ぬやつ。
歯ブラシ 歯ブラシなどの洗面道具は用意されていると思いますが、お気に入りの歯ブラシを持参すると歯茎の健康に役立ちます。
洗面道具 お好みで。海外のシャンプーやリンスが合わ無い人は持参すると良いでしょう。ちなみに僕のようなおじさんは何でも大丈夫です。
折りたたみ傘 天気予報では雨が降る予定はありませんが、念のため。
カゴ ホテルの部屋で身の回りの小物が散らばると面倒臭いので100円ショップで売っているような小さなカゴを持参すると、荷物の整理に役立ちます。

さいごに

以上、昨年一昨年と2年間参加した僕のノウハウを記述してみました。まだ何の準備もしていません。これから頑張ります!

  • Shinichiro Kawano

    今年は東京でお留守番の河野です。
    ベラージオの噴水までお散歩な場合、向かいの Bally’s 前ショッピング街の
    「Ramen-Ya」で、ラーメン、カレー、カツ丼、天丼、牛丼、親子丼が食べられます。
    値段$10~$15くらいです。

    昨年食べた醤油ラーメンは、ちょっとサッパリしすぎの味だったんですが。
    カレーと丼ものをどうしても食べたくなった時はオススメできます!

    お店情報などなどはこちらで。
     http://www.lvtaizen.com/_backnum/html/16112main.htm