【レポート】NEW LAUNCH! OwnZonesがAWS Elemental MediaConvertを使用してメディアカスタマがワールドクラスのVOD体験を提供できるようにした方法 #reinvent #CTD203

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

清水です。AWS re:Invent2017にてブレイクアウトセッション「CTD203 - NEW LAUNCH! Hear how OwnZones is using AWS Elemental MediaConvert to help media customers deliver world class VOD experiences」を聴講してきたのでレポートします。先日発表になったAWSの新サービス「AWS Media Services」の1つである「AWS Elemental MediaConvert」の紹介セッションでもありますね。

セッションの概要は以下の通りです。

Explore server-less transcoding workflows using the latest AWS services. Learn how to implement a wide array of use cases and how to combine AWS and 3rd party services to create a complete end-to-end file-based transcoding solution.

登壇者は以下のお三方です。

  • Vivek Bhat - Principal Product Manager, AWS Elemental
  • Daniel Goman - CEO, OWNZONES Media Network
  • Aaron Sloman - CTO, OWNZONES Media Network

レポート

アジェンダ

  • 動画のトランスコードと配信における課題
  • AWS Elemental MediaConvertとは
  • OWNZONESについて
  • MagnoliaがAWS Elemental MediaConvertをつかってどのようにVODワークフローを構築したか

動画のトランスコードと配信における課題

  • ファイルベースのトランスコード
    • ソースファイルを変換して、視聴者に合わせた形式で配信する
  • コンテンツとデバイスの爆発
    • 年々コンテンツ量は増えている
    • デバイスもたくさん、どこにでも再生デバイスがある
    • 1つのソースファイルを多数の形式にトランスコードすることが必要

オンプレミスでのトランスコーディングの課題

  • 物理的なインフラストラクチャのセットアップと管理
  • スケーリングの課題: ピークに合わせて構築しないといけない
  • 先行して大規模な投資

クラウドベースのトランスコーディングの課題

クラウドにしても、いくつか課題が残る

  • 放送グレードのビデオやクオリティには適していない
  • 限られたスケーラビリティ
  • 複雑な価格設定と手動での設定の複雑さ
  • end to end のワークフローを構築するのは大変

AWS Elemental MediaConvertとは

AWS Elemental MediaConvertの紹介

  • プロ級のビデオ機能と品質
  • 管理するソフトウェアまたはハードウェアインフラストラクチャなし
  • 入力するビデオの量の変動に応じて自動的に拡大/縮小
  • ジョブが処理されるキャパシティと管理能力

AWS Elemental MediaConvertの基本

  • 入力ファイルとJob TemplateからJobを設定
  • JOBはQueueに入り、処理される
  • トランスコードされたファイルはS3に出力
  • 通知とCloudWatchの各種メトリクス

料金について

  • 最低料金なし、使った分だけ
  • 出力ビデオの長さに応じた課金

ユースケース

  • メザニンコンテンツの作成
  • OTTサービス
  • VOD配信
  • その他コンテンツ変換に
    • ユーザが作成したコンテンツの配信形式への変換
    • オンライン教育
    • ニュースやスポーツ
    • ソーシャル向け動画

Media Convertを使ったワークフロー

  • ファイルベースの動画配信にMedia Convertを利用
  • 入出力はAmazon S3
  • LambdaのS3 Watch FolderでMedia Convert Jobを開始
  • トランスコード結果をClodWatch Eventと連携
  • LambdaでS3+CloudFrontの配信環境にパブリッシュ

Media ConvertのBenefits

  • クラウドで放送品質のワークロードを
    • 多くの入力形式/出力形式に対応
    • HDRや静的オーバーレイ、クリッピング、ステッチング、アドヴァンスドオーディオ、DRM、クローズドキャプションをサポート
    • 出力品質を正確にコントロール可能
  • 市場投入までの時間を短縮し、反復が可能
    • 基盤となるインフラストラクチャのセットアップや管理が不要
    • ジョブの状態変化からダウンストリームアクションをトリガ
    • Lambdaのブループリント、リファレンスアーキテクチャなどで簡単にセットアップ可能
  • 金銭的リスクの軽減
    • 使った分だけの支払い
    • ビジネスが成長するにつれてら規模を拡大可能
    • Upfrontコミットメントなし
  • 非常にスケーラブルで高パフォーマンス
    • 複数のジョブ
    • 2,3の動画から数千の動画までスケール可能
    • パラレル処理のキャパシティとqueueにより順序管理
  • ロバストなワークフロー
    • 設定とエラー処理の広範な検証
    • エラーを特定して処理するためにメトリクスを活用
    • Multi AvailabilityZoneなアーキテクチャ

OWNZONESでの事例

OWNZONESについて

  • 配信を簡素化する技術を開発
  • クリエータが85億ドルの規模の業界で世界的に視聴者を獲得できるよう支援
  • コンテンツと視聴者の橋渡し
  • メディアロジスティクスプラットフォームを使用してクラウドにプロダクションラボと配信サービスを提供することで、メディアとエンターテインメント業界に斬新な革新を提供

OWNZONES CONNECT

  • クラウドでのコンテンツサプライチェーンソリューション
    • 業界要潤レベルのingestフォーマット/手段のサポート
    • クリッピング、クロッピング、多言語対応などのツール
    • 機械学習やスマートエージェント
    • クラウドベースのワークフロー、デリバリ
    • 自動化されたQCワークベンチ
  • アーキテクチャ

OWNZONESのmagnolia picturesでの事例

  • 顧客の課題
    • コンテンツアセットの種類が多い、ポストプロダクションハウスによるため
    • トランスコードして配信するためのコストが未知
    • 大量のファイル配信の要求が出てくる可能性があり、その際の出力スペースの確保
  • これらをOWNZONEのソリューションで解決
    • ワークフロー
  • AWS Elemental MediaConvertは進化したトランスコードを顧客に提供

  • MediaConvertは拡張が可能であり、エンジニアチームはAPIを容易に使用できた
  • AWS Elemental MediaConvertはWNZONESのスケールが必要なビジネスモデルにもマッチ

感想

AWS Elemental MediaConverですがAmazon Elastic Transcoderよりもトランスコード処理の機能は強化されているようですね。機能本体の他にも今後の2つのサービスのすみ分けなどについても調査していきたいと思います。

参考資料

セッションスライド