re:Invent2017 データベース関連エントリーまとめ #reinvent #database

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する大栗です。

今年の「re:Invent 2017」では1000を超えるセッション数があり、クラメソからも34人という大人数で現地にてブログを書きまくっているため、目的のテーマについて書かれている記事が見つけられない、という方も多いのではないでしょうか。

そこでこのエントリではre:Invent 2017ブログの中でも「データベース」がテーマのブログをまとめてご紹介致します。

2017/12/13 17:30更新

エントリーまとめ

新サービス

まずは新サービスのエントリーです。

【速報】Amazon Auroraのマルチマスタ機能が発表されました! #reinvent

Amazon Auroraは今まで読み取りはスケール可能でしたが、書き込みのスケールができませんでした。マルチマスタ機能により、マスタの高可用性と書き込み性能向上が図れます。

【速報】新しいDBサービスAurora Serverlessが発表されました! #reinvent

データベースがServerlessになりました!オンデマンドでDBインスタンスがわずか5秒で起動してクエリを実行できます。

【速報】DynamoDBにバックアップ/リストア機能が追加されました! #reinvent

今までDynamoDBはバックアップができなかったため、DataPipelineでエクスポートしていました。他のスループットに影響を与えずにバックアップを行えるようになりました。

【速報】DynamoDB Global Tablesが発表されました! #reinvent

DynamoDBが複数のリージョンで更新ができるようになりました。グローバルに展開するアプリケーションで真価を発揮するのではないでしょうか。

【速報】AWSのフルマネージドグラフデータベースサービス、Amazon Neptune が発表されました! #reinvent

フルマネージドなグラフDBが発表されました。グラフDBはNoSQLの一種でグラフ構造を表すデータベースです。同じくグラフDBのTitanでバックエンドのストレージにDynamoDBを使用することができましたが、違いが気になります。

セッションレポート

【レポート】Deep Dive on Amazon Relational Database Service (RDS) #reinvent #dat302

RDS全体のDeep Diveセッションです。AWS上でRDBMSを使用する時には、内容をおさらいしましょう。

【レポート】ExpediaはDynamoDBで飛行する: 高速ストリームを利用した旅行の分析 #reinvent #DAT324

1日目のKeynoteにも登壇したExpedia社のDynamoDB事例のセッションです。DynamoDB + DAXにより要件を満たすことができたようです。

【レポート】DAT202 – Getting started with Amazon Aurora #reinvent #DAT202

Auroraの入門セッションです。こちらは現地組ではなくベルリンから動画視聴でレポートしています。

【レポート】Deep Dive:Amazon Neptune #reinvent #DAT318

新サービスであるAmazon NeptuneのDeep Diveセッションです。Neptuneのことが知りたい時には、まずこれを読みましょう。

まとめ

今後もre:Inventでデータベース関連の記事が更新される度にこのまとめが更新されます。是非ともチェックしてくださいね!