[レポート] BLC301: Amazon Managed Blockchain -Deep Dive- #reinvent

スピーカー

  • Nihar Modi
    • Sr Product Manager - Managed Blockchain , Amazon Web Services
  • Nachi Govindasamy
    • Software Development Manager , Amazon Web Services
  • Shruthi Rao
    • BDM Blockchain , Amazon Web Services

セッション概要

独自のインフラストラクチャでエンタープライズブロックチェーンアプリケーションを構築することは、多くの場合、費用がかかり、複雑で、時間がかかります。 Amazon Managed Blockchain を使用すると、インフラストラクチャをセットアップおよび管理する必要がなくなるため、スケーラブルなブロックチェーンアプリケーションを簡単に構築でき、ビジネス向けのアプリケーションの作成に集中できます。このテクニカルセッションでは、Managed Blockchain の機能、API、Hyperledger Fabric SDK、および新しいメンバーを追加してファブリックチャネルに参加する方法について詳しく説明します。また、デモアプリケーションとサンプルコードを使用して、マネージドブロックチェーンでアプリケーションを構築する方法も示します。

スピーカー(Nihar Modi)

中央集権型の信頼

  • 不変であることを望んでいる
  • 中央集権が所有することが重要
  • 古典的なユースケース
    • DMV のデータはすべて DMV 内にとどまる

中央集権向けの QLDB

  • 中央集権型を望む顧客向けに QLDB を作った
  • QLDB の主要コンポーネントは2つ
    • ジャーナルコンポーネント
    • 本質的にすべてのトランザクションは不変
    • データベース
    • すべてのトランザクションの現在の状態と、これまでの履歴がある

分散型の信頼

  • 彼らはより分散的な方法でトランザクションを実行したいと言った
  • ユースケースは本当にエキサイティング  - 金融機関  - サプライチェーン   - ますます複雑。関与している企業が多くあるが、それらはすべてが同じものを読み込んでいない  - 住宅ローン  

マルチパーティビジネスは何を必要としているか?

  • トランザクションを独立して検証する方法を意味する
  • データが改ざんされていないことを確認したい。それは非常に重要
  • これらの顧客の多くは、いくつかの本当に原始的なアプローチを使用してこれまでやっていた

ブロックチェーンは信頼とネットワークを作る

  • ブロックチェーンは本当に何をしますか?
    • ブロックチェーンに対する本当の答えは、信頼とネットワークの構築に役立ちます
    • 連邦の従業員なしで取引できるように、信頼を構築するのに役立つ
  • そのためにブロックチェーンには主要なコンポーネントが3つある
    • 分散台帳データベース
    • コンセンサスメカニズム
    • スマートコントラクト

分散台帳データベース

  • これは以前のような元帳と似て、さまざまなコンポーネントがある
    • ジャーナルコンポーネントがすべてのトランザクションを不変に記録する
    • 現在の状態を持つデータベースコンポーネントと、そのすべてのデータのインデックス履歴もある
    • すべてのノードには基本的にこの分散されたもののコピーがある

コンセンサスメカニズム

  • これはネットワークがトランザクションに同意する方法
  • 多くの異なるフレームワーク変化することの1つは、これらのフレームワークが実際にどのようにコンセンサスに達するか
  • ビットコインネットワーク
    • 誰もが複雑なパズルを解く作業による証明 (Proof of Work)
  • コンセンサスメカニズムがトランザクションレートに実際に影響を与える
    • ブロックしているエネルギー要件
    • 必要なハードウェア
    • セキュリティ

スマートコントラクト

  • 顧客の誰もがスマートコントラクトを構築したいと繰り返し思っている

ブロックチェーンコンポーネント まとめ

  • このバッグの下部には、基本的に分散台帳がある。中央には、コンセンサスメカニズムがあり、そして上部にスマートコントラクトがあり、3つのコンポーネントが一緒になって信頼を構築する

既存のブロックチェーンソリューションの課題

  • よく聞く一番のことは、あなたが新しいファミリーカーをセットアップするということ
  • ほとんどのお客様は、最初のものをすり抜けることさえしない
    • 簡単ではない技術であること性質によって知っているから
  • そしてさまざまなフレームワークでダイビングを開始すると、セットアップが非常に難しい
  • スケーリングするのも困難
  • ネットワークの管理とロックは容易ではないため、非常に難しいセキュリティの側面を考える
  • 非常に高価

だから Amazon Managed Blockchain を使ってください

Amazon Managed Blockchain の機能

  • フルマネージドサービス
  • オープンソース
    • いま時点では Hyperledger Fabric をサポート
  • 非中央集権型
  • 信頼性と拡張性
  • 低コスト
  • 統合されている

Amazon Managed Blockchain はどのように動くか

  • とてもシンプル
  • 最初のステップは、実際にネットワークを作成
  • 次にメンバーの招待
  • ピアノード
    • コーディングされており、分散台帳に書き込む
    • 外部から呼び出してメソッドを記述できるスマートコントラクトもある
  • アプリケーションのデプロイ

  • 私たちが話したほとんどの顧客は、自分自身を前進させたいと思っている
  • しかし最初のステップを踏むことさえしない
    • 実際にトランザクションを送信し始めてみるのはどうですか?

Hyperledger Fabric と Ethereum の利点

  • Hyperledger Fabric
    • 許可制ネットワーク
    • 厳しいプライバシー要件のあるアプリケーション
    • アクセス許可コントロール

誰のネットワークか

  • よく聞かれる質問の1つはネットワークの所有者が誰かということ
    • それに対する私の答えは「みんなのもの」
  • ネットワークが本当に分散型である。何らかの理由で、あなたのビジネスに役に立たず去ることに決めたとしても、そのネットワークは最後の最後まで残る
  • メンバーが他の人を招待するために投票したり、ネットワークから他の人を削除したりできる
  • コストをどのように分割するのか。基本的にリソースに対して料金を支払う

信頼性とスケーラブル

  • Fabric には Order というコンポーネントがあり、システムの一部
    • オープンソースの本番ネットワークでは Kafka が使われている
    • Amazon Managed Blockchain では QLDB に置き換えた
  • 認証局はメンバー ID を維持するもの
  • オープンソースでは何らかのソフトエージェントが必要で管理が難しい
    • AWS KMS で AWS Managed Blockchain の認証局管理に使用している

料金

  • 先行費用はない。テニスクラブの権利と同様、このクラブの一員である限り月額料金を払うようなもの
  • 1時間単位の課金
  • ネットワークで作成するデータと、現在持っているデータ
  • ノードは台帳を保持するノードであり、圧縮が可能

低コスト

  • スターターとスタンダードのメンバーシップがある
  • どちらも本番。ただ、スターターは標準よりもレートが低いことが見込まれる場合

Amazon Managed Blockchain の構成

  • Hyperledger Fabric
    • Order
    • ブロックに切っていくシステム
    • Fabric CA
    • ピアノード
    • 台帳を保存し取引を可能にする

トランザクションフロー

  1. トランザクション提案をピアツーピアでクライアントから送信
  2. トランザクションを検証
  3. エンドースメントを返す
  4. クライアントは基本的にすべての署名を組み立てるだけ。すべての署名を受け取り、すべての承認を Order サービスにブロードキャストする
  5. Order サービスは検証を行う
  6. 検証が完了するとブロックを送信し、ピアツーピアがその情報を取得して台帳に書き込む

チャネルとブライベートデータ向けのアクセスコントロール

  • チャネルでトランザクションを分離
  • 例ではメンバーは3つ
    • チャネル1にメンバー3はアクセスできない

エンドースメントポリシー

  • エンドースメントポリシーは特定のノードがトランザクションを提出する前に許可する
  • トランザクションが Order サービスに送信されブロックを組み立てる

チェーンコード

  • 3つの言語
    • Go/Node.js/Java
  • チェーンコードには2つのメソッドしかない
    • init
    • ネットワーク上のコードを初期化
    • invoke
    • 基本的にトランザクションの送信

ピアノード

  • ブロッキングするのに非常に重要な部分
    • 最後に台帳に入れる前にトランザクションを検証
    • すべてのポリシーにおいて正しいことを確認

スピーカー(Shruthi Rao)

  • よく聞かれることは、何のために使われているかということ
    • 問題を解決するためなのか
    • まだ実験的な技術なのか、本番環境で使われているものなのか
  • 顧客には3つの大きなユースケースがある
    • サプライチェーン
    • ダイヤモンド、石油、ガス、水など、ある時点で増加しているデータや推奨在庫などがある場合
    • 支払いが必要なサプライチェーントランザクション
    • 信用状を処理するもの
    • 決済
    • 証券取引所、保険、小売
    • ブロックチェーンが存在する前は、データが正確であるかどうかを確認するためには、古典的な方法
    • 多くの場合、人為的なエラー

事例紹介(Nestle)

  • コーヒーのトレーサビリティ
  • 石油に次いで、世界で2番目に多く取引されている
  • コーヒー生産農家はコーヒーサプライチェーン全体で最も公平性が低い
  • 1つの農場でプレミアムシングルオリジンコーヒーとして、コーヒーが届くすべてのハンドシェイクを求めた
  • コーヒーのパッケージには QR コードがあり、スキャンすると農場からの情報が伝えられる
    • 農場のどの部分でミネラルを吸収したか
    • どのトラックで、どの場所に保管されていたか

事例紹介(SonyMusic)

  • 音楽の権利を追跡するためのプラットフォームを作った
  • 買収などによって版権管理が複雑になっても影響うけない、プラットフォーム上での請求
  • コピー商品の追跡

事例紹介(シンガポール証券取引所)

  • シンガポール金融庁と17の銀行と協力
  • 配信対支払いの DvP(Delivery vs Payments) メカニズムを提案
  • 彼らが見つけたのは債権、シンガポールドル、資金であろうと、いかなる取引も決済しないこと
    • 資産のトークン化
    • これまでの数日が数時間になった。まったく新しいリアルタイム

事例紹介(リーガル&ジェネラル)

  • 英国最大の保険プロバイダーの1つ
  • 年金基金のプラットフォームとして利用

事例紹介(Contura Energy)

  • 米国最大の石炭採掘業者および輸出業者であり、毎年約800〜1,000万トンの冶金石炭を出荷
  • 世界60か国以上に出荷
  • 大規模で1933年のプロセスにこだわってた。手紙と呼ばれる紙ベースのプロセス
  • 年に約40〜50回、週に100万ドルに集中します。したがって、彼らは何らかの保証が必要
  • お金を回収するコントロールのプロセスは、6ヶ月かかる
  • Amazon Managed Blockchain ベースの信用状ソリューションを使用している
    • 6ヶ月のプロセスが21日未満に短縮された

スピーカー(Nachi Govindasamy)

(動画が公開されましたら、追記します。。)

さいごに

いまのところ re:Invent 2019 ではブロクチェーン関連での新たなサービスやアップデートが出ていないので、内容としてはこれまで AWS Summit などで紹介されたものとほぼ同じですが、いくつかの事例について聞くことができて良かったです。

あと、Credential についての技術的なパートもあったのですが、こちらは動画がアップされてから追記する形で更新したいと思います。

以上!大阪オフィスの丸毛(@marumo1981)でした!