デジモノステーションの付録のSIMでAWS IoTにデータをとばしてみた。

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、せーのです。今年最後のブログはIoT関連でしめてみたいと思います。

雑誌の付録にSIMがついているらしい

数日前から私のSmartNewsにこんな記事が散見されるようになりました。

毎月500MBまで無料の神SIMが「デジモノステーション2月号」の付録に
月間500MBが永久に無料!デジモノステーション2月号の付録SIMをiPhoneで設定

なんでもつい先日発売された「デジモノステーション2月号」の付録がSIMで、500MBまで無料で使える、というものらしいのです。
それはちょっと面白そう。無料、という言葉には弱いです。
ただすぐにこんな記事も。

付録は「月500MB未満なら無料」の格安SIM デジモノステーションが入手困難に

オンラインは軒並み売り切れ、書店などでもほぼ売り切れ状態、なんだそうです。

ただここで地の利が出てきます。
北海道は配送の関係で雑誌は2〜3日遅れて発売されるので、オンラインでは絶対に買えないムック本などがサラッと発売日から3日遅れで店頭に並んだりするんです。

買ってきた

というわけで発売日から3日遅れの12/28に某大型書店に行ってみると

dejimono-armadillo1

ゲットできました!

毎月500MBまで無料、ということは1日約16MB。IoTで記録する気温や湿度等のデータはせいぜいMQTTで飛ばしても数10kbなので、1分に1回データを取得するような仕組みであれば余裕で0円運用できそうな気がします。。。動くのであれば。

動かしてみた

ということで早速動かしてみましょう。 まずはアクティベーションします。アクティベーション用のページにアクセスします。
SIMの電話番号とパスワードを入力します。

dejimono-bx1

個人情報を色々入力します。

dejimono-bx12

規約にチェックを入れてボタンを押せばアクティベート完了です。

dejimono-bx13

これで使えるようになったはずです。So-netのこのSIMはDocomoのMVNOのようなので、近くにあったDocomo系のSIMが刺さる携帯に挿してみました。

dejimono-bx14

APNやユーザー情報を入れてブラウザを立ち上げてみました。

dejimono-bx15

つながるようです。ではIoTゲートウェイに挿して使ってみましょう。今回はOpenBlocks BX1を使用します。

初期化してcheck updateタブを見てみると新しいアップデートがあるようです。まずはアップデートして再起動します。

dejimono-bx17

最新のバージョンに書き換わりました。では次にこちらの記事を参考にAWS IoTで飛んできたデータをS3に飛ばす設定をします。AWS IoTは先日めでたくbetaが取れました☆

dejimono_bx18

最初にThingsを登録しておきます。

dejimono_bx19

次に証明書をダウンロードして、ホスト名をメモします。

dejimono_bx110

S3にバケットを用意します。

dejimono_bx111

用意したバケットに向けてデータを飛ばすようにRuleを書きます。

dejimono_bx112

dejimono_bx113

これで完了です。慣れると10分かからずできちゃいます。

dejimono_bx114

次にBX1の設定です。BX1は最新のファームウェアから使えるようになったPD HandlerとPD Emmiterを使ってノーコーディングでつなげてみたいと思います。PD HandlerとPD Emmiterについてはこちらの記事を御覧ください。ではやっていきましょう。今回は手元にあったセンサータグをつなげてみたいと思います。

dejimono_bx116

センサータグの登録が完了したら自動的にセンサーを接続するように自動収集設定をONにします。BX1が用意しているPD HandlerをONにしておくとセンサーデータの収集アプリも自分で書く必要はないのでこれもONにしておきます。

dejimono_bx117

次にPD Emitterというデータの送信機能を使ってAWS IoTにデータを上げてみます。その前にデータが確実に取れているかどうかを確認するためにLocalへの送信設定をつかって試してみます。LocalをONにして、登録したセンサータグの送信先にLocalをチェックします。

dejimono_bx124

dejimono_bx125

設定が終わったらログをチェックしてみましょう。

JSONデータがセンサータグからのデータです。[humidity]は湿度、[Temperature]は気温を指します。Handlerがセンサーデータを捕まえて確実に飛ばしているようですね。

dejimono_bx120

ではAWS IoTにつなげてみます。証明書、ルートCA証明書、秘密鍵をアップロードします。

dejimono_bx130

AWS IoTの送信設定を行います。ホスト名とルートCA証明書のパスを入力します。

dejimono_bx115

次に対象となるセンサータグの出力設定でAWS IoTをチェックします。トピック名、証明書のパス、秘密鍵のパスを入力します。

dejimono_bx121

これで設定はOKです。Saveしてログを見てみます。Emitterのログに[AWS IoT]の文字が見えますね。

dejimono_bx122

ではクラウド側を見てみましょう。S3バケットにデータが入っているのが確認できました。

dejimono_bx123

それではいよいよクライマックスです。ネットワークの設定を付録のSIMに切り替えてみます。AP Modeに変えてService NetworkをONにします。雑誌に書いてあるAPNやユーザ名を入力します。認証方式はCHAPにします。

dejimono-bx16

rebootしてログをみてみます。

dejimono_bx128

dejimono_bx129

AWS IoTへデータが飛びました。成功です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。こちらのSIMは500MBまで無料、と言う事でIoTの実験用にはよく使えそうです。
では今年も一年、おつかれさまでした。来年もよろしくお願いします。