SQL Server 2016がインストール済みのWindowsが提供されました

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する(最近ビールへ浮気ばっかり)大栗です。

先日の2016/6/1にMicrosoft SQL Server 2016の一般提供が開始されましたが、AWSにも早速やって来ました!

Amazon EC2 Windows support for Microsoft SQL Server 2016

SQL Server 2016

MicrosoftのドキュメントSQL Server 2016 の新機能を利用するによると、主な新機能に以下のものがあるようです。

  • 列ストア インデックス
  • クエリ ストア
  • テンポラル
  • JSON
  • Always Encrypted

新機能の詳しい内容は詳しい方の説明にお任せします。

SQL Server 2016 on EC2を起動する

東京リージョンで起動してみます。

AMIを確認する

AWS MarketplaceでSQL Server 2016を検索すると、以下の様に4種類が出てきます。

  • Microsoft Windows Server 2012 R2 RTM with SQL Server 2016 Enterprise on WindowsSqlEnt
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 RTM with SQL Server 2016 Web on Windows
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 RTM with SQL Server 2016 Standard on Windows
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 RTM with SQL Server 2016 Express on Windows

AWS_Marketplace_-_SQL_Server_2016

今回はStandard Editionを起動しようと思います。

Microsoft_Windows_Server_2012_R2_RTM_with_SQL_Server_2016_Standard_on_AWS_Marketplace

Manual Lanchを見ると、各リージョンで以下の様にAMIが提供されていることが分かります。

リージョン AMI ID
US East (N. Virginia) ami-36a86d5b
US West (Oregon) ami-d95da7b9
US West (N. California) ami-d05c19b0
EU (Frankfurt) ami-2ac22b45
EU (Ireland) ami-e5861996
Asia Pacific (Singapore) ami-cda97aae
Asia Pacific (Sydney) ami-cef8d1ad
Asia Pacific (Tokyo) ami-f110fb90
Asia Pacific (Seoul) ami-f806cd96
South America (Sao Paulo) ami-b09218dc

ここで、東京リージョンのAMIami-f110fb90の情報を見てみます。Management Consoleで検索すると以下のように出てきます。

EC2_Management_Console

これ英語版じゃね?

ということで日本語版のAMIを探します。
Standard Edition英語版のAMI名がWindows_Server-2012-R2_RTM-English-64Bit-SQL_2016_Standard-2016.05.11となっています。そのためSQL Server 2016を以下のパターンで検索してみました。なお、CLIでワイルドカードは*(アスタリスク)、Management Consoleは正規表現での検索となっています。1

Edition 検索パターン(CLI) 検索パターン(Management Console)
Express Edition Windows_Server-2012-R2_RTM-*-64Bit-SQL_2016_Express-* Windows_Server-2012-R2_RTM-.*-64Bit-SQL_2016_Express-.*
Web Edition Windows_Server-2012-R2_RTM-*-64Bit-SQL_2016_Web-* Windows_Server-2012-R2_RTM-.*-64Bit-SQL_2016_Web-.*
Standard Edition Windows_Server-2012-R2_RTM-*-64Bit-SQL_2016_Standard-* Windows_Server-2012-R2_RTM-.*-64Bit-SQL_2016_Standard-.*
Enterprise Edition Windows_Server-2012-R2_RTM-*-64Bit-SQL_2016_Enterprise-* Windows_Server-2012-R2_RTM-.*-64Bit-SQL_2016_Enterprise-.*

全リージョン(GovCloud、北京を除く)で確認すると下表の結果になりました。
Express、Web、Standardは全リージョンで日本語、英語、ポルトガル語が提供されていますが、Enterprise Editionはバージニア、オレゴン、アイルランドで英語のみ提供となっています。

リージョン Express Web Standard Enterprise
米国東部 (バージニア北部) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
英語
米国西部 (北カリフォルニア) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し
米国西部 (オレゴン) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
英語
EU (アイルランド) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
英語
EU (フランクフルト) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し
アジアパシフィック (東京) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し
アジアパシフィック (ソウル) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し
アジアパシフィック (シンガポール) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し
アジアパシフィック (シドニー) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し
南米 (サンパウロ) 日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
日本語
英語
ポルトガル語
無し

これで日本語版のAMIを起動できます。東京リージョンの日本語版Standard Editionはami-156e8474ですので、コレを起動してログインします。アプリを見ると、この様にSQL Server 2016がインストールされています。

temp-SQL_Server_2016

SQL Serverを試す

では、SQL Server Management Studioを起動します。Windows 認証でSQL Serverにログインします。

temp-SQL_Server_2016

サーバーのプロパティを見ると、バージョンが「13.0.1601.5」(SQL Server 2016を指すバージョン番号)となっています。

temp-SQL_Server_2016

新しいデータベースを作成します。

temp-SQL_Server_2016

データベース名を「mydb」として作成します。

temp-SQL_Server_2016

GUIでテーブルを作成してみます。

temp-SQL_Server_2016

データをINSERTしてみます。

INSERT INTO Sample1 VALUES(1,'DATA1');

temp-SQL_Server_2016

さいごに

SQL Server 2016を早速起動してみました。
著者がRDBMSを使用する場合は、運用の手間を低減するためにRDSを使用するのが基本なのですが、RDBMSの特定の機能を使用する場合にはSQL Server on EC2を使用する必要があります。SQL Server 2016もすぐにRDSで提供されると思いますが、EC2での運用が必要な場合もありますので、使用方法を確認しておきましょう。


  1. Windows ServerのAMIは1ヶ月程度で最新のアップデータが適用されたAMIが提供され一定以上経過した古いAMIは提供停止になるので、AMI IDを決め打ちせずに最新のAMIを確認する必要があります。