[アップデート] AWS Transit Gateway が東京リージョンで利用可能になりました! #reinvent

125件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

こんにちは、菊池です。

AWS re:Invent 2018で発表された新サービス、Transit Gatewayが早くも東京リージョンで利用可能になりました。

Transit Gatewayは、re:Invent 2018で発表された、複数のVPC、オンプレミス環境を接続するハブとして機能する新しいゲートウェイサービスです。

[新機能]激アツ!AWS Transit Gatewayが発表されました!VPC間、オンプレミスとVPC間をもっと簡単に接続!! #reinvent

利用可能リージョン

 

今回、新たに東京を含めた8つのリージョンで利用可能になり、以下のリージョンでサービス提供されています。

  • 米国東部 (オハイオ) us-east-2
  • 米国東部(バージニア北部) us-east-1
  • 米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1
  • 米国西部 (オレゴン) us-west-2
  • 欧州 (アイルランド) eu-west-1
  • アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1
  • アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 New!
  • アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 New!
  • アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 New!
  • アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 New!
  • カナダ (中部) ca-central-1 New!
  • 欧州 (フランクフルト) eu-central-1 New!
  • 欧州 (ロンドン) eu-west-2 New!
  • EU (パリ) eu-west-3 New!

利用料金

東京リージョンでの利用料金です。

項目 料金
アタッチメント毎の料金 $ 0.07/時間
処理データ1GBあたりの料金 $ 0.02

Transit GatewayにアタッチしたVPC/VPN数に応じて時間ごとに発生する課金と、処理したデータ量に応じた課金があります。データ量による課金は、送信先のVPC所有者アカウントにかかることになります。

まとめ

先日のre:Inventで発表された新機能が早くも東京リージョンで利用可能になりました!利用することでシンプルになる環境もあるでしょう。

あとは、来年の対応がアナウンスされている、DirectConnectへの対応に期待です!