英語が聞き取れなくても大丈夫!?AWS re:Invent 2017のセッション動画を自動翻訳付きで聴講しよう #reinvent

AWS re:Invent 2017のセッション動画が続々と公開中

AWS re:Invent 2017では、ブレイクアウトセッションがあります。そのいくつかはYouTubeで徐々に公開されていっています。しかしもちろんセッションは全て英語です。セッションの内容を完璧に理解するには、英語のリスニングスキルが必要になります。

ここで役に立つのがYouTubeの 英語の字幕(自動文字起こし) および 日本語の字幕(自動翻訳) の機能です。この機能を使うと、英語のリスニングが全然できなくても、セッションでどのようなことが話されているか分かるようになります。

どのように見るか、簡単ではありますがご紹介します。

気になるセッション動画を見つける

まずAWS re:Invent 2017のポータルサイトを開きます。

左のメニューから絞り込みが行えます。以下のような絞り込みを行うと、興味のあるセッションを探しやすくなります。

  • SESSION TYPE: Breakout Session
  • TRACK: 興味のあるジャンル

例えば、以下はサーバーレスのブレイクアウトセッションに絞り込んだ例です。

動画を見る

一覧で絵のマーク が付いているセッションが、スライドおよび動画が公開されているセッションです。クリックします。

セッションの詳細が表示されますので「Recorded Presentation」をクリックします。

画面内でYouTubeが再生されます。これだと画面が小さいのでYouTubeロゴをクリックし、YouTubeサイトで再生するようにします。

字幕を付ける

YouTubeの再生メニューで字幕アイコンをクリックします。これで、英語の字幕(自動文字起こし)が表示されるようになります。

設定アイコンをクリックし、「字幕」をクリックします。

「自動翻訳」をクリックします。

自動翻訳可能な言語一覧が表示されます。日本語は一番下です。

日本語(自動翻訳)が表示されるようになりました!

ちなみに、字幕のスタイルも変更できます。見づらいと感じた場合は調整してみてください。

分からないところをピンポイントで理解するのに便利!

完璧な翻訳ではありませんが、いまどのようなことを話しているのかは分かるようになるので、話の流れが追えるようになります。英語の字幕が付くだけでも相当理解度は変わってくると思います。英語字幕と日本語字幕、うまく使い分けながら効率的に聴講していきましょう!